FC2ブログ

記事一覧

奈義町社協 災害ボランティアセンター初の運営訓練 被災者のニーズつかみ派遣先調整

岡山県奈義町社協【災害ボランティアセンター初の運営訓練 被災者のニーズつかみ派遣先調整】奈義町社会福祉協議会は2019年7月7日、町文化センターで災害ボランティアセンター(VC)の運営訓練を初めて開催しました。ボランティアの受け入れや派遣先の調整、被災者ニーズとのマッチングなどを確認しました。訓練は、震度6強を観測する地震が発生し21人が死亡、家屋約200軒が倒壊したとの想定。町民や社協職員ら約40人が参加。VC...

続きを読む

松江市社協 市民ら気軽に交流 「みんなのいこい食堂」 毎月第2木曜日 施設法人と協働し開催中

島根県松江市社協【市民ら気軽に交流 「みんなのいこい食堂」 毎月第2木曜日 施設法人と協働し開催中】松江市総合福祉センターで、毎月1回、第2木曜日に、市民らが交流しながら食事を楽しむ「みんなのいこい食堂」が開かれています。子どもや高齢者の居場所づくりを進めようと、同センターの喫茶スペースを運営する社会福祉法人さくらの家が開催。関係者らは、多くの人がテーブルを囲み輪が広がることを期待しています。地域貢...

続きを読む

沼津市第1地区社協 徘徊認知症高齢者の保護訓練実施 QRコード付き「見守りシール」を活用

静岡県沼津市第1地区社協【徘徊認知症高齢者の保護訓練実施 QRコード付き「見守りシール」を活用】沼津市第1地区社会福祉協議会などは2019年7月4日、徘徊する認知症高齢者への声掛け方法を学ぶ訓練を沼津市の仲見世商店街で行いました。第1地区社協や地域包括支援センターの職員、民生委員らが参加し、発見者と高齢者家族をつなぐQRコード付き「見守りシール」を活用した保護を体験しました。沼津市は2018年7月から見守りシール...

続きを読む

岡山県倉敷市・総社市等被災10市町社協 県共募の「被災者ささえあい活動助成事業」活用し、地域の見守りや交流活動実施

岡山県倉敷市・総社市等被災10市町社協【県共募の「被災者ささえあい活動助成事業」活用し、地域の見守りや交流活動実施】岡山県共同募金会は、西日本豪雨で被災した倉敷、岡山、総社市など岡山県内10市町の社会福祉協議会に計約1500万円助成することを決めました。「被災者ささえあい活動助成事業」と銘打ち、地域の見守りや交流活動、防災・減災に向けた取り組みなどに役立ててもらいます。財源は中央共同募金会の「災害ボランテ...

続きを読む

秦野市社協 保育支える『高校生ボランティア』 継続し40年 延べ2000人が体験

神奈川県秦野市社協【保育支える『高校生ボランティア』 継続し40年 延べ2000人が体験】現在、秦野市内で児童・生徒が行っている様々なボランティア活動の中でも、およそ40年続いており、延べ人数で約2千人が体験したものがあります。『高校生保育ボランティア』―現在、現場で働く保育士の中にも体験者がいるというこの活動について、コーディネートを行っている秦野市社会福祉協議会に話を聞きました。高校生保育ボランティアは1...

続きを読む

安田町社協 料理は安田の“老紳士”のたしなみ! 「男day(ダンディー)の会」 わいわい月例会「独りになっても料理を」

高知県安田町社協【料理は安田の“老紳士”のたしなみ! 「男day(ダンディー)の会」 わいわい月例会「独りになっても料理を」】料理は安田の“老紳士”のたしなみ?―。安芸郡安田町に、高齢男性らが手料理を作って楽しむ月例会がある。その名も「男day(ダンディー)の会」。「妻に先立たれても困らないように」「仲間としゃべりたくて」と動機はいろいろ。「以前はコメも炊いたことがなかった」というメンバーたちが厨房に...

続きを読む

岐阜県社協 福祉や介護身近に、自助具など紹介 「ふくしワールド」開催

岐阜県社協【福祉や介護身近に、自助具など紹介 「ふくしワールド」開催】福祉や介護の仕事を身近に感じてもらうため、岐阜県社会福祉協議会、岐阜県福祉人材総合支援センターが初めて企画した催し「ふくしワールド」が2019年7月5日、本巣市三橋の大型商業施設「モレラ岐阜」で始まりました。6日まで。車いすに乗って店内を回る体験コーナーや、まひなどで手を動かしにくい人が使えるよう、スプーンやフォークに取り付ける自助具...

続きを読む

和歌山市社協 福祉の悩み 1ヵ所で 総合相談窓口開設 複数機関と調整し問題解決

和歌山県和歌山市社協【福祉の悩み 1ヵ所で 総合相談窓口開設 複数機関と調整し問題解決】高齢化する親と引きこもりの子ども、介護と貧困など、複数にまたがる問題を1ヵ所で相談できる福祉総合相談窓口が2019年7月1日、和歌山市のあいあいセンター3階、和歌山市社会福祉協議会に開設されました。地域福祉推進室の職員は「どこに相談したらよいか分からない悩みを受け付け、問題が複雑化する前に解決したい」と意気込みます。市...

続きを読む

千歳市社協 生きがいを実感、大人の折り紙サロンが好評 こつこつ集中、認知症予防にも

北海道千歳市社協【生きがいを実感、大人の折り紙サロンが好評 こつこつ集中、認知症予防にも】千歳市社会福祉協議会で開かれている「大人の折り紙サロン」が好評です。高齢者を中心に月1回集まり、折り紙を通して認知症の予防、生きがいづくりにつなげています。作品は子供らにプレゼントするなど、一石が二鳥にも三鳥にもなる取り組みです。千歳市社協は「楽しいサロン活動が根付いてくれたら」と広がりに期待します。2019年4月...

続きを読む

黒石市社協 農福連携 障がい者と協力者がカシス収穫祭

青森県黒石市社協【農福連携 障がい者と協力者がカシス収穫祭】農業分野で障がい者に活躍してもらう「農福連携事業」の一環で、青森県黒石市社会福祉協議会と黒石市は2019年7月3日、同市に近い田舎館村堂野前の旧同市バイオ技術センターで「カシス収穫祭」を開き、障がい者と同市や大鰐町などのボランティアら約80人が作業に励みました。収穫物は青森県内ホテルに納入するほか、関東以北に生果のままインターネット販売し、収益は...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク