FC2ブログ

記事一覧

水戸市社協 災害ボランティアセンター運営訓練開催 市民ら運営方法確認

茨城県水戸市社協【災害ボランティアセンター運営訓練開催 市民ら運営方法確認】 災害時のボランティア活動を支援する人が手順などを学び、知識を向上させることを目的とした災害ボランティアセンター(VC)の運営訓練が2020年1月13日、水戸市緑町二のアダストリアみとアリーナでありました。水戸市社会福祉協議会の職員や市民ら約140人が参加し、VCの運営方法を確認しました。訓練は水戸市社協と茨城県社協が主催。記録的な...

続きを読む

函南町社協 利用者の力作を展示 「居場所の作品展」開催 居場所のPR兼ねて

静岡県函南町社協【利用者の力作を展示 「居場所の作品展」開催 居場所のPR兼ねて】函南町社会福祉協議会は「居場所の作品展」を2020年1月16日まで、函南町役場町民ホールで開いています。日頃の活動内容などを伝える写真の展示や映像上映、利用者の作品などが展示され、来庁者の目を引いています。「居場所」は地域の住民が主体となって運営し、高齢者、障害のある人、子どもの垣根なく、誰もが気軽に触れ合える地域交流の場...

続きを読む

丸森町社協 復興支え合いセンター開設へ 仮設住宅に居住する住民の生活を後押し

宮城県丸森町社協【復興支え合いセンター開設へ 仮設住宅に居住する住民の生活を後押し】宮城県丸森町は2020年1月10日、台風19号豪雨で被災し、プレハブ仮設住宅で暮らす町民らの生活不安相談などに対応する復興支え合いセンター(仮称)を1月中に開設する方針を示しました。生活支援相談員5人を配置し、高齢者方などを巡回訪問する見守り活動や健康調査を行います。12日で台風から3カ月となるのを前に丸森町長が記者会見し、復...

続きを読む

いわき市社協 「孤立していた家は片付け遅れている」 依然、ボランティア必要 台風19号から3カ月

福島県いわき市社協【「孤立していた家は片付け遅れている」 依然、ボランティア必要 台風19号から3カ月】東日本各地を襲った台風19号の上陸から2020年1月12日で3カ月がたちました。多くの被災地ではボランティアニーズが一段落したものの、今なお手助けを必要としている地域があります。寒さを理由にボランティアの募集をいったん中止したケースもあり、春も見据えて長期的な支援が必要です。浸水や土砂崩れといった被害があっ...

続きを読む

長野市社協 ボランティア「被災地支援息長く」 受け入れ再開

長野県長野市社協【ボランティア「被災地支援息長く」 受け入れ再開】2019年10月の台風19号災害で被災した長野市で、長野市社会福祉協議会の市災害ボランティアセンター(VC)は2020年1月10日午前、ボランティアの受け入れを再開しました。被災から間もなく3カ月。本格的な冬を迎え、参加人数の減少も懸念される中、参加した人たちは「息の長い支援を続けたい」と、黙々と住宅の片付けなどに取り組みました。全壊の判定を受けた...

続きを読む

神奈川県社協 無資格者対象 プロにつながる「介護に関する入門的研修」開催 受講無料

神奈川県社協【無資格者対象 プロにつながる「介護に関する入門的研修」開催 受講無料】神奈川県社会福祉協議会が2020年1月31日(金)と2月3日(月)・4日(火)・7日(金)・13日(木)の5日間にわたり、神奈川県委託事業「介護に関する入門的研修」を、藤沢駅そばの藤沢商工会館ミナパークで行います。介護の仕事未経験・未就労で、介護の資格未取得者が対象となります。この全5日間(23時間)の研修では、介護に関する基礎知...

続きを読む

酒田市社協 『酒田発! 社会福祉法人による地域における公益的な取組 事例集』(平成30年11月1日)

山形県酒田市社協【『酒田発! 社会福祉法人による地域における公益的な取組 事例集』(平成30年11月1日)】新しい酒田市総合計画にあるように、酒田市では市民をあげて「公益のまちづくり」を実践しており、すでに複数の社会福祉法人 で地域における公益的取組が行われています。本事例集は、社会福祉法人自身がこれからの取組実践の参考にするとともに、この取組を地域に積極的に発信することを目的に発行したものです。これをき...

続きを読む

青森県社協 生活困窮者を県内社会福祉法人が連携して支援 「青森しあわせネットワーク」の活動から見える深刻な課題

青森県社協【生活困窮者を県内社会福祉法人が連携して支援 「青森しあわせネットワーク」の活動から見える深刻な課題】見えづらいが、少なくない生活困窮者-。青森県内の社会福祉法人が連携し、生活に困っている人に食料提供や光熱水費の支払いなど緊急支援を行う「青森しあわせネットワーク」。各法人に現状を尋ねると、その日の食べ物にも困っている人、水道や電気が止められそうな世帯など、社会の制度のはざまで、厳しい現実...

続きを読む

美作市社協 生活困窮世帯にお米を 「食糧支援おむすび事業」5年目

岡山県美作市社協【生活困窮世帯にお米を 「食糧支援おむすび事業」5年目】余っているお米を提供してもらい、生活の苦しい家庭に届ける美作市社会福祉協議会の「食料支援おむすび事業」が5年目を迎えました。これまでに通算4トン以上を提供しており、貧困対策の一助となっています。求めているのは2018年収穫の古米か2019年の新米。おいしく食べてもらおうと、希望世帯に渡す前に精米するため、できる限り玄米の寄付を呼び掛けて...

続きを読む

駒ケ根市社協 市立図書館の「シニア向け図書巡回事業」を活用し、デイサービス利用者に読書の機会提供

長野県駒ケ根市社協【市立図書館の「シニア向け図書巡回事業」を活用し、デイサービス利用者に読書の機会提供】 駒ケ根市立図書館は2019年1月末から、駒ケ根市社会福祉協議会が運営する市内2カ所のデイサービスセンターに本を備える「シニア向け図書巡回事業」を始める。高齢者の読書の機会を増やし、健康増進や老化防止の一助にする目的。デイサービスセンター利用者のニーズに則した本を1カ月単位で施設に貸与し、お年寄りが自由...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク