FC2ブログ

記事一覧

八王子市社協 JCと「災害時における協力に関する協定」締結 19号災害で初めての協同活動

東京都八王子市社協【JCと「災害時における協力に関する協定」締結 19号災害で初めての協同活動】八王子市社会福祉協議会は2019年11月3日、八王子青年会議所(JC)と「災害時における協力に関する協定」を締結した。八王子市社協にとって、他地域の社協以外の団体との協定は初めて。JCには民間団体ならではのスピード感と専門性の高さに期待をしています。内容は、災害時に災害ボランティアセンターが立ち上がった際にはJ...

続きを読む

長野県社協 台風19号被災者支援 県、市長会、町村会などとさらなる協力呼び掛け

長野県社協【台風19号被災者支援 県、市長会、町村会などとさらなる協力呼び掛け】長野県、県市長会、県町村会などは2019年11月25日、県庁で会見を開き、台風19号被災地への寄付やボランティア活動などのさらなる支援を呼び掛けました。長野県知事は、「『ONE NAGANO』を合言葉に思いを共有し、すべての人たちができることをしっかり取り組んでいただくことが重要」と復興への協力を求めました。長野県災害時支援ネットワーク、...

続きを読む

岐阜県社協 台風19号被害の長野へ ボランティアバス出発

岐阜県社協【台風19号被害の長野へ ボランティアバス出発】台風19号の被害を受けた長野市で支援活動をする人たちを乗せた岐阜県社会福祉協議会の「災害ボランティアバス」が2019年11月21日、県内在住の20~70代の28人を乗せて出発しました。ボランティア不足解消のため計2便の運行を企画して参加者を募集、いずれも定員に達しました。この日、一泊二日の日程で出発した第1便は、現地で指示を受けながら22日朝から夕方まで、民家...

続きを読む

白石市社協 災害ボランティアセンター閉鎖後も支援続く 大鷹沢地区で引き続きボランティアが活動 「遠慮せず相談を」

宮城県白石市社協【災害ボランティアセンター閉鎖後も支援続く 大鷹沢地区で引き続きボランティアが活動 「遠慮せず相談を】台風19号の豪雨による宮城県白石市の被災地で、白井市災害ボランティアセンター閉鎖後もボランティアが復旧支援活動を続けています。参加者は「『よその方が大変』と、遠慮せずに相談してほしい」と呼び掛けています。ため池の決壊で約40戸が浸水被害に遭った同市大鷹沢三沢の落合地区周辺。被災した会社...

続きを読む

壬生町社協 台風19号の被災地復旧に役立ちたい 高校生が継続支援

栃木県壬生町社協【台風19号の被災地復旧に役立ちたい 高校生が継続支援】壬生高校のJRC部を中心とする生徒15人ほどが2019年11月16日、台風19号で被災した栃木市吹上地区でボランティア活動を行います。同市への継続的支援を目的に10日、壬生町社会福祉協議会が実施したボランティア派遣がきっかけとなりました。壬生町社協が音頭を取った10日の活動には町内7団体と個人計42人が参加しました。同校からは生徒8人と同部顧問の教諭...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク