FC2ブログ

記事一覧

国分寺市社協 権利擁護センターこくぶんじ 生活支援員にお話を伺いました 「楽しみが感じられる環境づくりを」

東京都国分寺市社協【権利擁護センターこくぶんじ 生活支援員にお話を伺いました 「楽しみが感じられる環境づくりを」】 認知症や障害等により、自分一人では福祉サービスの利用や日常的な金銭管理等をすることが難しい方を支援する「地域福祉権利擁護事業」の生活支援員として活動している男性にお話しいただきました。現役の時は、40年銀行に勤めました。毎朝都心に通い、夜に帰宅するという、地域とは関わりのない生活を送って...

続きを読む

西東京市社協 成年後見制度への円滑なつなぎを支援 日常生活自立支援事業

東京都西東京市社協【成年後見制度への円滑なつなぎを支援 日常生活自立支援事業】日常生活自立支援事業は、知的障がいや精神障がいの人にも活用されています。東京都西東京市に住む軽度の知的障がいがあるB氏は、親の介護施設入所で独り暮らしになり、日常の金銭管理に不安を感じてサービスの利用を申し出ました。月ごとの生活費を担当者と一緒に計算するようになると、日々のやり繰りに自信が持てるようになったといいます。201...

続きを読む

藤沢市社協 認知症や知的障害・精神障害の意思に沿い、サービス利用や金銭管理を支援 日常生活自立支援事業

神奈川県藤沢市社協【認知症や知的障害・精神障害の意思に沿い、サービス利用や金銭管理を支援 日常生活自立支援事業】認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力に不安を感じる人に、福祉サービスの利用援助や金銭管理の支援などを行う日常生活自立支援事業。財産や権利を法的に守る成年後見制度に比べ、医師の診断書や障害者手帳が要らず、利用しやすいのが特徴です。市区町村の社会福祉協議会が担い、1999年の制度開始以来...

続きを読む

臼杵市社協 市民後見センターの機能や業務を拡充し、県内初の成年後見制度利用促進の「中核機関」に

大分県臼杵市社協【市民後見センターの機能や業務を拡充し、県内初の成年後見制度利用促進の「中核機関」に】大分県臼杵市の市民後見センターが2020年から、成年後見制度の利用促進に取り組むための「中核機関」となりました。制度利用者向けの相談窓口を設けたほか、家庭裁判所などの関係機関との調整役も担います。大分県内の自治体では初の取り組みといいます。成年後見制度は、認知症や知的障害、精神障害などで判断能力が十分...

続きを読む

富山市社協 「市民後見人」第1号は養成講座を修了した元民生委員 「寄り添って支援したい」

富山県富山市社協【「市民後見人」第1号は養成講座を修了した元民生委員 「寄り添って支援したい」】認知症など判断能力が不十分な人をサポートする成年後見制度で、富山県内初となる一般市民による後見人が誕生しました。富山市社会福祉協議会の養成講座を受けた同市の元民生委員の女性が富山家庭裁判所の選任を受けました。女性は2020年2月13日、富山市社協で取材に応じ「資格も持たない主婦だが、支援する方に寄り添っていきた...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新記事

最新コメント

リンク