FC2ブログ

記事一覧

全社協 民生委員 「孤立」対応に奔走 制度創設100周年 約23万人が調査回答

全社協【民生委員 「孤立」対応に奔走 制度創設100周年 約23万人が調査回答】民生委員の4人に1人が、社会的に孤立した人に対応した経験があることがわかりました。支援対象者の2割以上には認知症や障害があります。民生委員制度の創設100周年にあたる平成29年5月12日、全国社会福祉協議会に事務局がある、全国民生委員児童委員連合会(全民児連)の調査結果によるものです。進む高齢化の中で、公的支援が届きにくい実態が...

続きを読む

豊中市社協 閉じこもりがちな定年後の男性 都市型農園事業「豊中あぐり」を通じ仲間づくり

大阪府豊中市社協【閉じこもりがちな定年後の男性 都市型農園事業「豊中あぐり」を通じ仲間づくり】定年後の男性が地域に貢献しながら生き生きと暮らせる。そんな希望をかなえる取り組みが豊中市で進んでいます。豊中市社会福祉協議会では、定年退職した男性が、野菜や米を育てながら地域とのつながりを深める都市型農園事業「豊中あぐり」を実施しています。平成28年4月の「岡町菜園」に続き、平成29年6月には2カ所目となる「原...

続きを読む

向日市社協 子育てに苦戦するパパを応援 イクメン集め交流会開催

京都府向日市社協【子育てに苦戦するパパを応援 イクメン集め交流会開催】父親同士の仲間づくりを進めて育児参加を促そうと、向日市社会福祉協議会は平成29年9月から「イクメンLIFE」と題したイベントを連続開催します。ピザ作りや巨大プラレールの展示など子連れで参加しやすい工夫を凝らし、子育てに励む父親同士が交流できる機会をつくります。取り組みに協力する市内の父親を募集しています。市社協では平成28年、独自の...

続きを読む

高知市社協 買い物難民に支援の足 運転免許証がない高齢者の日頃の買い物をサポート

高知県高知市社協【買い物難民に支援の足 運転免許証がない高齢者の日頃の買い物をサポート】運転免許証がない高齢者の日頃の買い物をサポートしようと、高知市社会福祉協議会が平成29年7月12日、高知市春野町仁ノ地区を対象に、スーパーへの無料送迎サービスを始めました。週1回1往復を予定しており、「買い物難民」に支援の“足”を差し伸べます。高知市社協が運営する通所介護施設「春野あじさい会館」が、「買い物が不便」と...

続きを読む

神奈川県社協 『「身元保証」・「死後事務」サービス 「保証機能」の構築への提案 -本人のための権利擁護のしくみづくりに向けて- 平成28年度「保証機能」のあり方に関する課題検討会(報告)』(平成29年3月)

神奈川県社協【『「身元保証」・「死後事務」サービス 「保証機能」の構築への提案-本人のための権利擁護のしくみづくりに向けて-平成28年度「保証機能」のあり方に関する課題検討会(報告)』(平成29年3月)】神奈川県社会福祉協議会では、平成27年度より「『保証機能』のあり方に関する課題検討会を設置し、高齢者や障害者本人のための権利擁護のしくみづくりに向けて検討を行ってきましたが、その結果を、平成29年3月、『「...

続きを読む

双葉町社協 福島第1原発広域避難者支援の取り組み③ 避難先社協の細かな支援活動が、避難した町民の安心感につながっています

福島県双葉町社協【福島第1原発広域避難者支援の取り組み③ 避難先社協の細かな支援活動が、避難した町民の安心感につながっています】双葉町社会福祉協議会では、震災直後、全国各地に避難した町民の把握に時間がかかっていました。そうしたなか、会津地区の双葉町民の実態把握のため一斉訪問の依頼をしたところ、避難先社協である会津若松市社協を中心に、各社協から案内・同行の申し出をいただいたといいます。その時を振り返り...

続きを読む

会津若松市社協 福島第1原発広域避難者支援の取り組み② 避難元社協との連携やサロン開催などを通して、避難者のニーズに対応

福島県会津若松市社協【福島第1原発広域避難者支援の取り組み② 避難元社協との連携やサロン開催などを通して、避難者のニーズに対応】会津若松市社会福祉協議会は、平成23年3月11日の震災直後より、避難者を速やかに受入れ、避難元社協との連携やサロン開催などを通して、避難者のニーズに対応してきました。震災時、会津若松市は震度5強を記録したものの、比較的被害が少なかっ たことから、会津若松市社協ではまず、自社協のサ...

続きを読む

福島県社協 福島第1原発広域避難者支援の取り組み① 生活支援員による個別支援と地域支援

福島県社協【福島第1原発広域避難者支援の取り組み① 生活支援員による個別支援と地域支援】 福島県社会福祉協議会の広報紙『はあとふるふくしま』(平成29年7月号)では、東日本大震災、福島第一原子力発電所事故により広域避難者を受け入れた、『避難先』社協における避難者支援の役割や実際を特集しています。社協探検隊では、他ではあまり知ることができない、避難先社協の活動から見える、避難先・避難元社協の 連携による支...

続きを読む

茨城県社協 福祉の仕事を希望する方に「ふくし職働」開催中 茨城発 求職者支援強化事業

茨城県社協【福祉の仕事を希望する方に「ふくし職働」開催中 茨城発 求職者支援強化事業】ふれあって くらしをささえる しあわせな 職業 どう?茨城県社会福祉協議会では、福祉の仕事を希望する方や、福祉の仕事をされている方をお手伝いするために、各種講座や自由に話せるサロン「ふくし職働」を開いています。福祉の仕事に関心がある方であればどなたでも無料で参加できます。会場は、茨城県総合福祉会館2 階の茨城県福祉人材...

続きを読む

山都町社協 ビニールハウス活用し卓球サロン開催 70歳以上が集い大盛況 終了後はお茶会に

熊本県山都町社協【ビニールハウス活用し卓球サロン開催 70歳以上が集い大盛況 終了後はお茶会に】高齢化が進む熊本県山都町で、農家が建てた「ビニールハウス卓球場」が盛況です。汗を流すのは近所に住む70歳以上の農家。作業の合間、農具をラケットに持ち替えて腕を振るいます。運動の後はおしゃべりに花を咲かすのが定番です。中古ハウスに卓球台を運んだ簡易な作りですが、立派なサロンになっています。高齢者の孤立や健康維...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク