FC2ブログ

記事一覧

富士見町社協 子どもたちの居場所づくりについて意見を聴くプレ企画開催

長野県富士見町社協【子どもたちの居場所づくりについて意見を聴くプレ企画開催】食事の提供などを通して子どもたちの居場所をつくる取り組みが富士見町で計画されています。富士見町社会福祉協議会が2018年2月26日、プレ企画として「食堂」を町保健センターで開き、関係者に計画を伝え、実現に向けて意見を聴きました。取り組みは、町内で子育てをする女性らでつくる「こどもの未来をかんがえる会」が富士見町社協に提案。同会は2...

続きを読む

苫小牧市社協 「市民後見人」3人が市内で初めて誕生 障害や認知症高齢者の財産管理など支援

北海道苫小牧市社協【「市民後見人」3人が市内で初めて誕生 障害や認知症高齢者の財産管理など支援】障害や認知症などで判断能力が十分ではない人の権利を守るため、財産管理や身上監護などを本人に代わって行う「市民後見人」が2018年1月末、苫小牧市内で3人同時に誕生しました。札幌家庭裁判所苫小牧支部に、一般市民が成年後見人として選任されたのは初めて。後見支援員として1年にわたって実務経験を積み、市民後見人とし...

続きを読む

釧路市社協 管内市民後見人活動の初の意見交換・交流会開催 73人の市民後見人が56人の後見等業務を受任中

北海道釧路市社協【管内市民後見人活動の初の意見交換・交流会開催 73人の市民後見人が56人の被後見人を支援中】 釧路管内市民後見人活動の初の意見交換・交流会が2018年2月24日、釧路市で開かれました。地元の市民後見人、関係者ら75人が参加。オホーツク管内の津別町社会福祉協議会の取り組みを聞き、グループワークで意見交換を行いました。釧路管内の市民後見人は釧路市、釧路町、厚岸町、標茶町、弟子屈町、白糠町の1市5町で...

続きを読む

小樽市社協 市内の企業が参加する福祉除雪ボランティア 高齢者宅などを除排雪

北海道小樽市社協【地元企業が参加する福祉除雪ボランティア 高齢者宅などを除排雪】小樽市内で2018年2月17日、福祉除雪ボランティアが行われました。同事業は小樽市社会福祉協議会による「除雪福祉サービス事業」の一環です。冬期間、除排雪が困難な高齢者などの世帯に対して、緊急時などの除排雪を実施して事故を未然に防ぎ、市民の日常生活の安全を確保することを目的とする同事業。小樽市に拠点を置く西條産業は社員30人が参...

続きを読む

産山村社協 学んだ経験生かす 産山村「子どもヘルパー」 小学4年生から中学1年生までの4年間の活動終了

熊本県産山村社協【学んだ経験生かす 産山村「子どもヘルパー」 小学4年生から中学1年生までの4年間の活動終了】熊本県産山村社会福祉協議会は2018年2月19日、産山村の高齢者を訪ねて交流する「子どもヘルパー」の4年間の活動を終えた産山中の1年生12人に感謝状を贈りました。活動は2000年に始まり、産山小4~6年と同中1年が参加。村の民生委員や老人会の協力で年6回程度、1人暮らしの高齢者宅や福祉施設を訪れ、掃除を手...

続きを読む

志摩社協 社協、漁協組合員に 水産と福祉が連携し障害者がカキ養殖 

三重県志摩社協【社協、漁協組合員に 水産と福祉が連携し障害者がカキ養殖】 志摩市社会福祉協議会が障害者によるカキ養殖に取り組むため、鳥羽磯部漁協の組合員になることが決まりました。三重県によると、社協が漁業に参入する試みは全国初。2018年2月20日に開かれた理事会で組合加入を承認した同漁協も、担い手が不足する養殖業の活性化につながると期待しており、水産と福祉の両分野による「水福連携」の新たな形として注目...

続きを読む

三田市社協 自販機飲料買って赤い羽根募金 安心して暮らせるまちづくりに貢献

兵庫県三田市社協【自販機飲料買って赤い羽根募金 安心して暮らせるまちづくりに貢献】赤い羽根共同募金への寄付機能が付いた「赤い羽根自動販売機」が兵庫県三田市内で初めて、同市内のマンション前に設置されました。飲み物を購入すると自動的に売上金の一部が募金される仕組みで、地域福祉などに役立てられます。赤い羽根自販機はオーナーと兵庫県共同募金会、飲料販売業者の3者による協定で設置。2017年11月時点で県内23市町...

続きを読む

天草市社協牛深支所 「おばあちゃんのひなまつり」で高齢者が園児と交流

熊本県天草市社協牛深支所【「おばあちゃんのひなまつり」で高齢女性が園児と交流】天草市牛深地域の高齢女性と保育園児が楽しい時間を一緒に過ごす「おばあちゃんのひなまつり」が2018年2月20日、天草市魚貫町を皮切りに始まりました。28日まで計5カ所で交流します。天草市社会福祉協議会牛深支所が、1人暮らしの高齢女性が孤独にならないようにと、2000年に始めました。初日はサテライト施設おにきに、70歳以上の46人と、もぐし...

続きを読む

山形市社協 社協の養成コースの修了者、山形県内初の「市民後見人」に

山形県山形市社協【社協の養成コースの修了者、山形県内初の「市民後見人」に】判断能力が不十分な人を支援する成年後見制度で、親族や専門職ではない「市民後見人」に山形県内で初めて、山形市の63歳の男性が選任されました。山形市社会福祉協議会の養成講習の修了生で、2月から本格的に活動しています。高齢化が進み、制度の需要が高まる中、市社協は「地域社会を支える力になる」と期待を寄せています。男性は2016年度に山形市...

続きを読む

福岡市社協 万一のときの備え、できていますか? 死後事務を行う〝やすらかパック事業″スタート

福岡市社協【万一のときの備え、できていますか? 死後事務を行う〝やすらかパック事業″スタート】一人暮らしや親族が遠方にいることなどから、「自分が死亡した後のことが心配」という人は少なくありません。福岡市社会福祉協議会では、「ずーっとあんしん安らか事業」において、契約時に預託金(50万円以上)を預かる事で、希望に適った葬儀や納骨、家財整理などの死後事務に取り組んできました。そして、2017年度から新たに「...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク