FC2ブログ

記事一覧

神奈川県社協 交通遺児家庭を対象にした「かながわ夏休み親子交流会」開催 23回目のディズニーランド

神奈川県社協【交通遺児家庭を対象にした「かながわ夏休み親子交流会」開催 23回目のディズニーランド】神奈川県内の交通遺児家庭を対象にした「かながわ夏休み親子交流会」が2018年8月24、 25の両日、千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで開かれました。24家族 66人が夏休みのひとときを楽しみました。初日は東京ディズニーランドで遊んだ後、夕方から宿泊先のシェラトン・ グランデ・トーキョーベイ・ホテルでのパーティーに...

続きを読む

高知市社協 独居高齢者を預託金を基に葬儀や家財処分、入院などを支援 「これからあんしんサポート事業」

高知県高知市社協 独居高齢者を預託金を基に葬儀や家財処分、入院などを支援 「これからあんしんサポート事業」自分が入院したら、施設に入ったら、誰が手続きをしてくれるろう―。頼れる親族がいない独居高齢者らの不安を軽減しようと、高知市社会福祉協議会が、2017年春から独自の支援事業に取り組んでいます。入院や入所時の手続きのほか、預託金を基に葬儀や家財処分などをサポートします。人生の最期を託す利用者、寄り添う...

続きを読む

大潟村社協 障害者の就労支援へ 農場「農福連携ファーム」整備 収穫は障害者福祉サービス事業所の利用者が担当

秋田県大潟村社協【障害者の就労支援へ 農場「農福連携ファーム」整備 収穫は障害者福祉サービス事業所の利用者が担当】大潟村社会福祉協議会は2018年度、障害者らの就労支援に向けた農場「農福連携ファーム」を整備しました。JA大潟村や農家の協力を得て、1年目はカボチャを栽培しています。大潟村社福協は「障害のある人に加え、高齢者や外出機会が少ない人などが幅広く農作業に携わる場として活用する。地域と連携し福祉の充...

続きを読む

荒川区社協 町会メンバーと障害者が一緒に「福祉避難所」の設営訓練

東京都荒川区社協【町会メンバーと障害者が一緒に「福祉避難所」の設営訓練】災害時に障害者や要介護者を受け入れる「福祉避難所」の開設訓練が2018年8月26日、荒川区立障害者福祉会館アクロスあらかわであり、地域の障害者や住民も設営などに関わりました。施設を運営する荒川区社会福祉協議会によると、障害者が避難所設営に加わるのは珍しい取り組みといいます。アクロスあらかわは、障害者らのサークル活動や会議などに利用さ...

続きを読む

御前崎市社協 多世代の食と交流支援 「だれでも食堂・もぐもぐ」オープン 市内の飲食店を会場に

静岡県御前崎市社協【多世代の食と交流支援 「だれでも食堂・もぐもぐ」オープン 市内の飲食店を会場に】子どもから高齢者まで多世代の食事と交流を支援する「だれでも食堂・もぐもぐ」が2018年8月21日、御前崎市の飲食店「加多世」にオープンしました。月1回のペースで開設し、家庭教育の地域拠点としての機能を持たせます。初日は、子育て世代を中心に約30人が来店しました。運営スタッフの市家庭教育支援員とともに、和気あい...

続きを読む

松田町社協 美味しい料理と音楽、余興などで暑い夏を乗り切ろう 「サマー舌鼓の会」開催

神奈川県松田町社協【美味しい料理と音楽、余興などで暑い夏を乗り切ろう 「サマー舌鼓の会」開催】美味しい料理と音楽、余興などを楽しんで暑い夏を乗り切ろうと、松田町健康福祉センターで2018年8月20日、「サマー舌鼓の会」が開かれました。松田町社会福祉協議会が主催して今年で21回目。この日は70歳から90歳までの町民35人と障害をもつ町民20人が参加しました。料理は国道255号沿の料理店などを営む株式会社が担当。当初から...

続きを読む

逗子市社協 「みんなで」企画 広がる笑顔の輪 障害者と音楽やスポーツに熱中

神奈川県逗子市社協【「みんなで」企画 広がる笑顔の輪 障害者と音楽やスポーツに熱中】 障害のある人もない人も、自由に参加してダンスや音楽、スポーツを楽しめる取り組み「みんなでプロジェクト」が逗子市立体育館を拠点に行われています。運動する機会や場所を得にくい障害者の声をきっかけに4年前に始まり、年々、内容も協力の輪も広がっています。「おーっ、すごい」「うまいっ」。同体育館で2018年8月18日に開かれた「み...

続きを読む

安中市社協 子どもワクワク食堂2周年 流しそうめん、BBQでお祝い

群馬県安中市社協【子どもワクワク食堂2周年 流しそうめん、BBQでお祝い】安中市内の公民館などで月1回開かれている「子どもワクワク食堂」のオープン2周年を記念したバーベキューと流しそうめんのイベントが、同市のバリアフリーペンションまついだ森の家で開かれ、親子ら50人が楽しみました。子どもワクワク食堂は2016年、松井田町のNPO法人「Annakaひだまりマルシェ」のカフェ内にできた「ひだまり子ども食堂」を前身に、...

続きを読む

宮古市社協 人・暮らしをつなぎ、共に歩む 地域づくり 常にアウトリーチに重きを置き、困りごとや悩み、希望に耳を傾ける 

岩手県宮古市社協【人・暮らしをつなぎ、共に歩む 地域づくり 常にアウトリーチに重きを置き、困りごとや悩み、希望に耳を傾ける】 東日本大震災から6年半が経過した2017年9月末、災害公営住宅28か所の入居率が9割となりました。入居者が少なくなった仮設住宅は、解体計画が動き始めています。その一方で、さまざまな理由で今後の再建の見通しを立てられない方、公営住宅に転居し、慣れない環境で生活されている方等、それぞれの...

続きを読む

福島県葛尾村社協 地域をつなぐ生活支援相談員③ 仮設住宅や復興住宅にいる人も、自宅再建した人もどちらも支援が必要

福島県葛尾村社協【地域をつなぐ生活支援相談員① 仮設住宅や復興住宅にいる人も、自宅再建した人もどちらも支援が必要】2016年6月12日、葛尾村は村の一部を除き避難指示が解除となりました。帰村者は解除後、1か月で約35人、3か月で約75人、6か月で約105人と徐々に増えていきました。解除から1年が経った2017年7月は、人口の約12%の160人程度です。一方、仮設住宅の入居者はかなり減少し、2017年7月現在は仮設住宅を10か所から数...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク