FC2ブログ

記事一覧

長野県社協 「福祉に関する県民意識調査」 施設入所し介護希望52% ボランティア参加経験は18歳から20代が最多

長野県社協【「福祉に関する県民意識調査」 施設入所し介護希望52% ボランティア参加経験は18歳から20代が最多】長野県社会福祉協議会は長野県世論調査協会と、2019年3月12日、2018年に実施した福祉に関する県民意識調査の結果を発表しました。「老後、介護が必要になった場合、どこで介護を受けたいですか」は、計52%が施設を望み、2013年の前回調査より4ポイント高くなり過半数となりました。国が在宅介護を推進する一方、家...

続きを読む

高山市社協 菜の花を大槌町へ 「幸せの黄色い花プロジェクト2019」開催

岐阜県高山市社協【菜の花を大槌町へ 「幸せの黄色い花プロジェクト2019」開催】東日本大震災の被災地、岩手県大槌町で採取した菜の花の種をまく「幸せの黄色い花プロジェクト2019」が2019年3月11日午後1時から、高山市総合福祉センターで開かれました。高山市社会福祉協議会が運営するボランティアセンターが主催し、8回目。震災の翌年から、津波で荒れ果てた大槌町の河川敷で菜の花を育てる地元住民の活動に協力しようと始まり...

続きを読む

北上市社協 大人も憩う子ども食堂「地域まるまる食堂」 学習支援と同時開催

岩手県北上市社協【大人も憩う子ども食堂「地域まるまる食堂」 学習支援と同時開催】北上市社会福祉協議会は2019年3月9日、市生涯学習センターで、市内の児童生徒や地域住民らを対象にした「地域まるまる食堂」を開きました。経済的事情などを抱えた子どもたちへの学習支援事業と同時開催。北上市社協は、常設の子ども食堂がない北上市での開設支援を行いながら、2019年度から定期開催して地域の触れ合いの場を作り出します。同日...

続きを読む

川崎市宮前区宮前第2地区社協 中学生も支え役に 「認知症サポーター養成講座」を開催

川崎市宮前区宮前第2地区社協【中学生も支え役に 「認知症サポーター養成講座」を開催】川崎市立宮前平中学校で2019年2月19日、認知症サポーター養成講座が開かれました。宮前第2地区社会福祉協議会が2017年から実施しており、2019年で3回目。例年、宮前第2地社協からの呼びかけで行っていましたが、今回初めて学校から依頼をされて開講となりました。当日、生徒たちは認知症に関する基礎知識を全体講義で学んだ後、グループワー...

続きを読む

秦野市社協 福祉学習の成果を披露 「福祉体験プログラム出会い・発見・まち探検」の総まとめを市民に

神奈川県秦野市社協【福祉学習の成果を披露 「福祉体験プログラム出会い・発見・まち探検」の総まとめを市民に】秦野市立北小学校の4年生が2019年2月22日、「福祉体験プログラム出会い・発見・まち探検」の総まとめとなる発表会を行いました。同小は秦野市社会福祉協議会の今年度福祉教育指定校。社協のコーディネートで視覚や聴覚、身体に障害がある人から話を聞いたり、体験型の学習を行ってきました。発表会には福祉教育サポー...

続きを読む

青森県社協 県内の社会福祉法人が連携して「制度の狭間」の課題を解決 青森しあわせネットワーク

青森県社協【県内の社会福祉法人が連携して「制度の狭間」の課題を解決 青森しあわせネットワーク】既存の制度や仕組みでは対応できない「制度の狭間」の課題を、複数の社会福祉法人が連携して解決を図る「青森しあわせネットワーク」が青森県で始まっています。社会福祉法人の社会貢献活動「青森しあわせネットワーク」は、社会福祉法人による社会貢献活動の一つです。複数の法人が連携することにより、社会福祉法人の培ってきた...

続きを読む

長野県社協 県とともに長野県災害派遣福祉チーム設立へ 人材を育成し今夏始動へ

長野県社協 県とともに長野県災害派遣福祉チーム設立へ 人材を育成し今夏始動へ 長野県社会福祉協議会は、2019年度、県などとともに災害時に手助けが必要となる障害者や高齢者らを支える体制づくりに乗り出します。今夏には県、県社協、福祉団体などと「県災害派遣福祉チーム(県ふくしチーム)」を設立し、避難所に身を寄せる要配慮者の生活支援を担う人材を育成します。長野県社協と県によると、チームは社会福祉士や障害者の...

続きを読む

曽爾村社協 榧(かや)の実油で村を元気に 農林業公社に作業所の知的障害者らが協力

奈良県曽爾村社協【榧(かや)の実油で村を元気に 農林業公社に作業所の知的障害者らが協力】 曽爾村農林業公社が村内の民家などに植えられているカヤの木の実を特産品として売り出すプロジェクトに取り組んでいます。村内では保存食や薬などとして親しまれてきた歴史があり、今年は、徳川家康も好んだと言い伝えのある食用油「榧の実油」を発売しました。村民も実を集めるなどして製造に協力しました。カヤはイチイ科の常緑高木...

続きを読む

若狭町社協 「しましま」が売り 年縞スイーツ コミュニティカフェ「きらやま茶屋」

福井県若狭町社協【「しましま」が売り 年縞スイーツ コミュニティカフェ「きらやま茶屋」】福井県若狭町に福井県年縞博物館がオープンした2018年9月前後から、町内外で年縞を模した記念品や飲食品などが続々と登場しています。世界的に価値の高い水月湖年縞や若狭路をアピールしようと盛り上がっています。新たに、しましまが売りのスイーツが発売されました。若狭町社会福祉協議会が運営するJR三方駅前のカフェ「きらやま茶屋...

続きを読む

滋賀県社協 全国で4例目 閉店セブンイレブンの在庫34箱、子ども食堂や福祉施設に配布

滋賀県社協【全国で4例目 閉店セブンイレブンの在庫34箱、子ども食堂や福祉施設に配布】滋賀県社会福祉協議会は2019年2月28日、コンビニ「セブン‐イレブン」の閉店で生まれた在庫を子ども食堂や児童養護施設などに配布するため、商品の仕分け作業を行いました。滋賀県社協と本部の「セブン―イレブン・ジャパン」(東京都)、滋賀県の協定に基づいた事業で、全国4例目の取り組みです。3者は2月1日、滋賀県内のセブンの閉店で出た食...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク