FC2ブログ

記事一覧

南国市社協 市内12の社会福祉法人による公益的な取組連絡会 「地域食堂」を初開催

高知県南国市社協【市内12の社会福祉法人による公益的な取組連絡会 「地域食堂」を初開催】住民同士がつながり合える場をつくろうと、南国市内の12の社会福祉法人が2019年5月25日、同市の土佐希望の家で地域食堂「きぼうのれん」を開きました。同市初の連携企画で、事務局の南国市社会福祉協議会は、新しいコミュニティーの場として場所を変えながら継続していく方針です。大小の法人の連携を目的に立ち上げた「しゃこう連」(市...

続きを読む

白老町社協 生活援助従事者研修の開講を計画 国の新制度活用し介護の担い手養成

北海道白老町社協【生活援助従事者研修の開講を計画 国の新制度活用し介護の担い手養成】白老町社会福祉協議会は2019年度、訪問介護の生活援助サービス従事者の養成事業に乗り出す計画です。生活援助従事者研修は、介護人材不足の解消を図るため、国が2018年度に創設しました。白老町社協は、研修機関として道の指定を得られ次第、講習カリキュラムや受講者の募集など本格準備に取り掛かり、2019年秋までに開講したい考え。道によ...

続きを読む

沼津市愛鷹地区社協 認知症の人との接し方は 認知症サポーター養成講座で中学生111人が学ぶ

静岡県沼津市愛鷹地区社協【認知症の人との接し方は 認知症サポーター養成講座で中学生111人が学ぶ】沼津市立愛鷹中と愛鷹地区社会福祉協議会は2019年5月22日、認知症サポーター養成講座を同校で開きました。1年生111人が認知症への理解を深め、認知症の人との接し方を学びました。愛鷹地区社協の会員らが講師となり、記憶や判断能力の障害について解説しました。買い物の会計時に戸惑うなど認知症の人特有の行動に対する接し方な...

続きを読む

秦野市社協 養護学校生徒の通学を見守り 南地区ニーズ対応チームが初の試み 生徒や保護者を安心サポート

神奈川県秦野市社協【養護学校生徒の通学を見守り 南地区ニーズ対応チームが初の試み 生徒や保護者を安心サポート】新学期が始まった2019年4月から5月にかけて、秦野駅北口から路線バスに乗る秦野養護学校の生徒の見守りが行われています。毎朝、駅前に集まり、登校中の生徒へ声をかけているのは、ボランティア団体「南地区ニーズ対応チーム」のメンバーだ。秦野養護学校では、今年度から肢体不自由教育部門の開設や知的障害の高...

続きを読む

川崎市高津区社協 「ゲーム依存症は病気」 たかつ心のパワーアップセミナー開催

川崎市高津区社協【「ゲーム依存症は病気」 たかつ心のパワーアップセミナー開催】依存症について学ぶ「たかつ心のパワーアップセミナー」が2019年5月18日、高津市民館で行われました。主催は高津区社会福祉協議会やたかつ心のパワーアップセミナー実行委員会。13回目の開催となった同セミナーでは、中高生の依存者も多いゲーム依存症をメインに講演。講師はゲームやネット依存などに詳しい講師が依存症の仕組みや改善策などを話...

続きを読む

土佐清水市社協 専門家や保健師が出張相談 初の「介護予防フェア」開催

高知県土佐清水市社協【専門家や保健師が出張相談 初の「介護予防フェア」開催】土佐清水市内のリハビリ専門家や保健師が地域に出向いて健康相談を受ける「介護予防フェア」が2019年5月20日、同市の旧以布利保育園で行われました。健康に不安を抱いている人を早期に見つけようと、土佐清水市社会福祉協議会が初めて企画。会場では血圧測定や、何秒片足立ちできるかを測る体力測定などを実施。理学療法士がストレッチの方法などを...

続きを読む

千歳市社協 生活圏域ごとにガイドマップ「おさんぽなび」発行 生活支援コーディネーターと地域の関係機関が連携し作成

北海道千歳市社協【生活圏域ごとにガイドマップ「おさんぽなび」発行 生活支援コーディネーターと地域の関係機関が連携し作成】千歳市社会福祉協議会は高齢者の気軽な外出などにつなげようと、ガイドマップ「おさんぽなび」を発行しました。B3判両面カラーの四つ折りで、介護予防サロンやカフェなどの情報を網羅し、市内5つの生活圏域ごとに1000部ずつ作成。無料で市民に配っており、千歳市社協は「皆さんのお出掛けに使ってもら...

続きを読む

伊那市社協 65歳以上に介護支援ボランティアポイント 6月1日よりスタート

長野県伊那市社協【65歳以上に介護支援ボランティアポイント 6月1日よりスタート】伊那市は、65歳以上の高齢者を対象にした「介護支援ボランティアポイント事業」を2019年6月1日からスタートします。市内の介護施設などでボランティア活動を行うと買い物に使えるポイントや商品券などと交換できる仕組み。5月22日からボランティア登録の受け付けを始めます。ボランティア活動参加へのきっかけづくりや継続への意欲向上を図り、元...

続きを読む

吉賀町社協 民家など22棟の火災 町民ボランティア150人がごみ分別、家財撤去に善意の汗

島根県吉賀町社協【民家など22棟の火災 町民ボランティア150人がごみ分別、家財撤去に善意の汗】島根県吉賀町七日市で民家など22棟を焼いた火事から2019年5月19日で1週間となります。吉賀町社会福祉協議会には多くの支援物資が届き、ボランティア作業の初日となった18日には町民約150人が、ごみの分別作業や焼けた家財道具の運び出しに汗を流すなど、町内で善意の輪が広がっています。火災は12日に発生。津和野署によると、全体...

続きを読む

新潟市西区社協 「家電バンク」通じ、使わない家電を生活困窮者に

新潟市西区社協【「家電バンク」通じ、使わない家電を生活困窮者に】不要となった家電を生活困窮者らに届ける「家電バンク」の取り組みが新潟市西区で始まりました。西区社会福祉協議会や福祉関係のNPO法人などでつくる実行委員会が家電を譲り受け、支援団体を通じて届ける仕組み。実行委は「不要な家電も貴重な社会資源。寄付も選択肢に入れてみてほしい」と話しています。実行委によると、洗濯機が壊れても買い換えられず洗濯物...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク