FC2ブログ

記事一覧

丸森町社協等 ボランティアら泥と格闘 宮城、福島で受け入れ本格化

宮城県丸森町社協等【ボランティアら泥と格闘 宮城、福島で受け入れ本格化】台風19号による豪雨被害を受け、宮城、福島両県の社会福祉協議会は2019年10月20日、災害ボランティアの受け入れを本格化させました。各地から訪れた人々が、浸水した家屋で泥かきや家財道具を運び出す作業に汗を流しました。宮城県丸森町の受け入れは降雨の影響で20日にずれ込みました。489人が参加し、町中心部の竹谷地区と金山地区を中心に作業しまし...

続きを読む

名古屋市守山区社協 『第3次地域福祉活動計画 「団地」推進チーム 活動事例集~団地や集合住宅での地域活動のヒント~』(守山区社協・第3次地域福祉活動計画団地推進チーム 2019年1月)

名古屋市守山区社協【『第3次地域福祉活動計画 「団地」推進チーム 活動事例集~団地や集合住宅での地域活動のヒント~』(守山区社協・第3次地域福祉活動計画団地推進チーム 2019年1月)】名古屋市守山区社会福祉協議会では、区内団地における交流事業を紹介した「活動 事例集」を完成させ、2019年1月に団地間交流会を開催 しました。活動推進メンバーに加え、新たに自治会長・町内会長にも参加してもらい、有意義な 情報・意...

続きを読む

益城町社協 仮設住宅退去で課題浮上 高齢、貧困…人手不足も 熊本地震3年半

熊本県益城町社協【仮設住宅退去で課題浮上 高齢、貧困…人手不足も 熊本地震3年半】2016年4月の熊本地震の本震から2019年10月16日で3年半を迎えました。仮設住宅などで暮らす人たちの退去期限が順次迫る中、引っ越しを巡る課題が顕在化してきました。高齢、貧困、精神や身体の障害…。支えを必要とする人たちからのニーズが高まるにつれ、支える側もマンパワーの限界が近づきます。福祉目線のきめ細かな支援を維持できるのか。現...

続きを読む

篠山市社協 募金したら「おおきに!」 しゃべる募金箱制作 高校生が赤い羽根共同募金にひと肌

篠山市社協【募金したら「おおきに!」 しゃべる募金箱制作 高校生が赤い羽根共同募金にひと肌】兵庫県丹波篠山市の篠山産業高校の機械研究部(通称・キカケン)が「赤い羽根共同募金」に協力し、同市のマスコット「まるいの」を題材にした「しゃべる募金箱」を制作しました。センサーが取り付けてあり、人が前に立つと「おおきに!」などの音声が流れます。技術を生かして募金を後押しする生徒らは、「この募金箱が少しでも共同...

続きを読む

宮崎県社協 災害時支援情報を三者共有 県・NPOの3者会議設立

宮崎県社協【災害時支援情報を三者共有 県・NPOの3者会議設立】災害時のボランティア支援態勢を整えようと、宮崎県社会福祉協議会は、県、NPO団体と3者間で連携する防災会議を2019年10月9日、設立しました。国の防災基本計画に基づいた組織で、NPOは県内の15団体が参加しました。災害時は支援を必要とする地域の情報が十分に届かず、支援が遅れたり、ボランティアが一部の地域に集中したりする場合があります。ほかにも...

続きを読む

横浜市社協 『第1層生活支援コーディネーター事例集(平成30年度版)』(2019年3月)

横浜市社協【『第1層生活支援コーディネーター事例集(平成30年度版)』(2019年3月)】横浜市では、平成28年度から生活支援体制整備事業が始まり、平成30年度で3年が経過しました。事業開始とともに誕生した160名近い生活支援コーディネーターは、平均2.5万人を対象エリアとする地域ケアプラザ(または特別養護老人ホーム併設型地域包括支援センター)に第2層、平均20万人を対象エリアとする区社協に第1層の生活支援コーディネータ...

続きを読む

神戸市社協 『社会的な孤立に挑む地域福祉ネットワーカー~「地域福祉ネットワーク事業」の取り組み事例集~』(2014年10月)

神戸市社協【『社会的な孤立に挑む地域福祉ネットワーカー~「地域福祉ネットワーク事業」の取り組み事例集~』(2014年10月)】神戸市社会福祉協議会では、市からの補助を受け、各区社協に地域福祉ネットワーカーという専門員を配置しています。地域福祉ネットワーカーは、他市ではコミュニティソーシャルワーカー(CSW)とも呼ばれ、制度やサービスでは解決が難しい“制度の狭間”の課題を抱えた人を支援するために、地域住民や...

続きを読む

兵庫県社協 『「地域共生社会」の実現に向けた社協活動指針』(2019年3月)

兵庫県社協【『「地域共生社会」の実現に向けた社協活動指針』(2019年3月)】兵庫県社会福祉協議会では、この数年で市町村社協が特に力を注ぐべきテーマを4つの推進方策とし、その考え方と取組みを進めるためのチェックポイント、事例を掲載した兵庫県社協版の社協活動指針を作成しました。これらは、社会福祉法改正に基づき、2020年度までに見直しと策定が進められる地域福祉計画に対応した内容になっています指針は、兵庫県社協...

続きを読む

兵庫県社協  『兵庫県 生活支援体制整備の手引き』(2019年7月1日)

兵庫県社協【『兵庫県 生活支援体制整備の手引き』(2019年7月1日)】兵庫県社会福祉協議会では、生活支援体制整備の方向性と展開のポイントを整理した手引書を作成しました。生活支援体制の整備は、従来のような全国での画一的なサービスの実施ではなく、各自治体と各地域の創意工夫による地域づくりを通じて高齢者の生活を支えることを目指した取組みです。このため、どこからどのように着手をすればよいのか、どうすれば目指...

続きを読む

武蔵野市民社協 『第4次武蔵野市民地域福祉活動計画』(2019年3月)

東京都武蔵野市民社協【『第4次武蔵野市民地域福祉活動計画』(2019年3月)】 武蔵野市民社会福祉協議会では、平成31(2019)年度を初年度とする「第4次武蔵野市民地域福祉活動計画」を策定しました。この計画は、地域の関係団体や地域住民の協力のもと、「みんなが主役 ささえあいのまちづくりをめざして」を基本理念とした地域福祉のための具体的な取り組みが示されたものです。前半は、“身近な地域で6年間に取り組むこと”と...

続きを読む

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク