FC2ブログ

記事一覧

小坂町社協 生活困窮者向け食品募る「フードドライブ」 県北福祉事務所とをモデル実施

秋田県小坂町社協
【生活困窮者向け食品募る「フードドライブ」 県北福祉事務所とをモデル実施】


秋田県小坂町社会福祉協議会と県北福祉事務所は、生活困窮者向けの食品を募る「フードドライブ」のモデル事業を2019年10月から町内で始めました。12月25日まで試験的に行い、集まる量や町民の反応を探りながら、今後も継続可能か見極めます。集めるのは賞味期限が1カ月以上ある未開封の穀類、缶詰、調味料、インスタント食品、レトルト食品など。お中元やお歳暮などのギフトパックも対象。

10月1日に県北福祉事務所の職員が、マックスバリュ小坂店のレジ近くに専用のボックスを設置しました。買い物のついでに気軽に食品を持ち寄ってもらおうと、モデル事業の実施を周知するのぼり旗も置きました。このほか、町福祉保健総合センター「ゆーとりあ」、「みんなのお家だんらん」にもボックスを置いており、利用者には、モデル事業に対する賛否やボックス設置場所の利便性などを尋ねるアンケートへの協力を依頼します。

集まった食品は小坂町社協が回収、管理し、支援が必要な町民らに届けます。小坂町社協の事務局長は「食べ物に困っているという相談が寄せられている。当面の食品を支援することで、困っている人がその後の生活を整えられるような仕組みをつくっていきたい」と話しています。ボックスの受付時間は、マックスバリュが午前7時~午後9時。ゆーとりあ、だんらんは午前8時半~午後5時半。
秋田魁新報 2019年10月4日

20191010小坂町
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク