FC2ブログ

記事一覧

横浜市社協 『第1層生活支援コーディネーター事例集(平成30年度版)』(2019年3月)

横浜市社協
【『第1層生活支援コーディネーター事例集(平成30年度版)』(2019年3月)】


横浜市では、平成28年度から生活支援体制整備事業が始まり、平成30年度で3年が経過しました。事業開始とともに誕生した160名近い生活支援コーディネーターは、平均2.5万人を対象エリアとする地域ケアプラザ(または特別養護老人ホーム併設型地域包括支援センター)に第2層、平均20万人を対象エリアとする区社協に第1層の生活支援コーディネーターが 配置されました。

1層コーディネーターは、区社協のネットワークや既存事業との連動、地域ケアプラザと連携した事業推進が期待されていますが、地域の状況や進め方は多種多様であり、1層コーディネーターの活動も多岐に渡ることから非常に整理しづらく、見えにくいことが課題でした。

このため、平成29年度から体制整備事業のテーマの1つに活動の「見える化」を掲げ、横浜市社会福祉協議会では事例集を作成しました。平成30年度も引き続き 18名の1層コーディネーターの取組に加え、より広域での課題解決を目指した市域の取組をまとめた事例集を作成しました。

地域住民や関係機関に加え民間企業など様々な方と模索しながら進めてきた取組を盛り込んだ事例集は、横浜市社協ホームページで全文ご覧いただけます。

《目次》
はじめに
2層域の取組支援
 金沢区:次世代の地域活動者を発掘
 神奈川区:区域からさまざまなカタチへ
1.5層域の取組支援
 磯子区:空き家を活用した場づくり
 緑区:コーディネーター同士のつながりづくり
 瀬谷区:“お互いさま“で支えあおう!
 泉区:泉サポートプロジェクト始動!
 西区:地域貢献の想いを形に!
1層域の取組支援
 中区:“ちょっとした困りごと”への対応
 南区:掃除の便利グッズと楽に掃除ができる知恵を集めて大公開!
 旭区:旭区食品スーパー・ドラックストア配達サービス一覧の作成
 戸塚区:地域包括ケアシステムが団地を救う!
 栄区:ちょこボラとCMと私たち
 港南区:笑顔の輪を広げませんか?
 鶴見区:生活支援ボランティアグループのつながりづくり
 保土ケ谷区:あきらめているニーズを実現!イキイキとした自分らしい暮らしへ
 港北区:今ある仕組みを活かして
 青葉区:重層的な支援の実現に向けて
 都筑区:移動支援のためのニーズ把握アンケート
0層域の取組支援
 横浜市:横浜市域で取り組む生活支援体制整備事業

参照)
『第1層生活支援コーディネーター事例集(平成29年度版)』(2017年10月)
『第2層生活支援コーディネーター事例集(平成29年度版)』(2018年3月)

20191016横浜市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク