FC2ブログ

記事一覧

田野畑村社協 台風19号 「このつながり、第一歩に」 ボランティアが泥かき、片付け 岩手県立大、盛岡大学生ら汗流す

岩手県田野畑村社協
【台風19号 「このつながり、第一歩に」 ボランティアが泥かき、片付け 岩手県立大、盛岡大学生ら汗流す】


台風19号の豪雨で多くの浸水被害が出た岩手県内沿岸各地で、社会福祉協議会などによる災害ボランティアの受け入れが本格化しています。週末には県内外からのボランティアが泥かきや家財の運搬などを手伝いました。ボランティアセンターが開設されたばかりの田野畑村で2019年10月20日、岩手県立大の学生らと活動を共にしました。三陸鉄道の島越駅前に20日午前9時、村内外から51人が駆けつけました。村の住宅や事業所の被害は沿岸の明戸、羅賀地区などで50棟に上ります。田野畑村社協が18日開設した同センターには片付けの依頼があり、長袖、長ズボンにゴム手袋、防じんマスク姿の県立大生11人が車で島越地区に向かいました。

79歳の男性は73歳の妻と孫の保育士の3人暮らし。12日夕から親類宅に避難し豪雨が収まった13日午後、帰宅すると、集落は島の沢川からあふれた水位50~60センチの泥水につかっていました。この日は、盛岡市などの子どもと孫ら家族11人が後片付けをしました。「体調はいかがですか」。東日本大震災の津波から率先避難した釜石東中出身の社会福祉学部4年の女子は妻に声をかけました。「あの日から眠れないんだ。心配で、心配で……」と妻は表情を曇らせました。「ここに嫁いで50年。子育てをしながら土木作業にも出て、家を守ってきました。こんな目に遭うなんて」と肩を落としました。県立大4年の女子は、同大看護学部4年の女子らと2018年夏、西日本豪雨で被害が出た広島県三原市でボランティアを経験。10月は釜石、宮古市でも活動しました。「鵜住居で津波に遭ったのは中学1年の時。各家庭で被災状況が異なり、隣近所で愚痴を言い合える状況ではなかった。第三者が寄り添うことで、気持ちをはき出してもらえたら」と語りました。

3年前の台風10号で被害のあった岩泉町などで活動経験のある女子らと、座敷や茶の間の床下の泥をスコップなどでかき出しました。「ニュースでは分からない被災した人たちの苦しみと、マンパワーの大切さが分かる。このつながりを第一歩にしたい」。土のう袋が次々と積み上がりました。被災した男性のウニ、コンブ漁などにも使う作業小屋にも泥がたまっていました。「初めてこんなに大きな被害を受けた」。ボランティア初体験の男子らが、畳や家財道具を運び出しました。

学生たちは午後3時まで汗を流しました。妻らは「これで安心して眠れます」「次は山海の幸たっぷりの『お煮しめ』を食べに来てね」と、うれし涙が笑顔に変わりました。学生たちが所属するボランティアサークルは2016年の台風10号を機に、岩手大、盛岡大と共同で「いわて学生ボランティアネットワーク」を設立しました。サークル代表で、県立大大学院総合政策研究科1年の男子は「被災者にはお年寄りが多く、交通手段を失った人も多い。冬を前に、マンパワーときめ細かな支援が必要」と話し、他大学の学生とも協議して支援を継続する考えです。
毎日新聞 2019年10月22日

20191025田野畑村
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク