FC2ブログ

記事一覧

鹿島市社協 買い物困難な高齢者を支援 「買い物応援バス」の取り組み開始 店内では民生委員の付き添いも

佐賀県鹿島市社協
【買い物困難な高齢者を支援 「買い物応援バス」の取り組み開始 店内では民生委員の付き添いも】


鹿島市社会福祉協議会は、同市七浦地区でお年寄りを支援する「買い物応援バス」の取り組みを始めました。月2回、鹿島市社協のバスで中心部のスーパーや日用品店などへ無償で送迎します。公共交通が乏しい地域で、車の運転ができずに困っている高齢者の暮らしをサポートします。免許を持っていなかったり、運転に不安を抱いたりしている高齢者の悩みに応えて事業化しました。ツアー形式で利用者の自宅近くまで送迎します。店内は民生委員などのボランティアが付き添います。

2019年10年18日の初回のバスには、80代中心に女性13人が乗車しました。約20分走り、市中心部のスーパー「ララベル」に到着。にぎやかな音が流れる店内で、女性たちは約1時間買い物を楽しみました。飯田の83歳の女性は「本当に助かる企画でありがたい」とメモを手に野菜や菓子を購入しました。花を買った86歳の女性は「普段は家族や友人に車を出してもらわなければならず、遠慮することもあった」と語りました。

鹿島市社協は、市内で過疎や高齢化が深刻な七浦地区を課題先進地に位置付け、2018年から住民との話し合いの場を設けてきました。買い物のニーズが特に多かったといいます。鹿島市社協事務局長は「移動が不便だと、家に閉じこもりがちになってしまう。遠足のように楽しく有意義な時間をつくることができれば」と話します。次回は11月7日。七浦地区の住民を対象に登録制で月2回実施します。今後、対象地区を広げていくことも検討しています。
佐賀新聞 2019年10月25日

20191026鹿島市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク