FC2ブログ

記事一覧

奈良県社協 県とともにセブンイレブンと協定締結 在庫商品を生活困窮者に提供

奈良県社協
【県とともにセブンイレブンと協定締結 在庫商品を生活困窮者に提供】


地域福祉の向上に貢献しようと、コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパンは、店舗改装時などに発生する在庫商品を県内の生活困窮者らに提供します。同社が2019年11月13日、奈良県社会福祉協議会や県と協定を結び、発表しました。

同社によると、これまで店舗改装に伴って処分・再販されてきた加工食品や日用雑貨の一部を、奈良県社協を通じて、支援が必要な人たちに提供します。全国各地の自治体と同様の協定を結んでおり、都道府県レベルでは近畿2府4県で4例目。奈良県内では現在セブンイレブンが142店舗あり、年間数店舗が改装するといいます。

同社と県は2008年に地域活性化のための包括連携協定を結び、県産食材を活用した商品の販売や災害時の帰宅困難者の支援などで協力を進めてきました。

同社のゾーンマネジャーは「地域社会との共生を目指しながら、社会の課題解決に挑戦していきたい」。奈良県社協の常務理事は「生活に困っている方々のために大切に活用させて頂きたい。こうした動きが各界に広がればありがたい」と話しました。
朝日新聞 2019年11月14日

奈良県
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク