FC2ブログ

記事一覧

武雄市西川登地区社協 閉じこもりや買い物難民防げ 助けあい送迎バス“出発”

佐賀県武雄市西川登地区社協
【閉じこもりや買い物難民防げ 助けあい送迎バス“出発”】


お年寄りの“閉じこもり”を防ぎ、買い物も手助けする「助け合い送迎バス」の運行が、武雄市西川登町で始まりました。町の施設に集まって一日を過ごし、希望者はスーパーに出掛けます。「話し相手ができ、買い物にも行ける」と好評です。

武雄市と西川登地区社会福祉協議会が、高齢者が住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることを目指す「地域包括ケアシステム」活動の一環として始めました。事前に全533世帯に生活支援のニーズ調査をし、「外出の手助けや買い物代行を」「話し相手が欲しい」という声に応じて考案しました。

町内30人が登録。町内6地区を2グループ15人ずつに分け、週1回ずつ、市が賃貸契約した8人乗りのレンタカーを運行します。利用料は1日100円。運転手は有償で住民が務めます。

朝から各家庭に迎えに行き、旧西川登中校舎を活用した「かんころの家」に届けます。昼食は持参したり、購入したりして済ませ、希望者は午後から武雄町のスーパーに送迎します。午後3時から自宅に送り届けます。初年度の5カ月間の運営予算は約80万円。

初日の2019年11月5日は2地区の7人が利用しました。神六地区の5人は毎朝散歩する仲良しで「こうしてみんなで座っていると普段と雰囲気も違い、一緒にご飯も食べられる」「自分で買い物に行くのも月2回程度だから楽しみ」と笑顔。最高齢の88歳の女性は「これから別の地区の人と知り合いになるのが楽しみ」と期待し、85歳の女性は「週2日のデイサービスにもう1日楽しみが加わった」と喜びました。
佐賀新聞 2019年11月8日

20191113武雄市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク