FC2ブログ

記事一覧

岐阜県社協 台風19号被害の長野へ ボランティアバス出発

岐阜県社協
【台風19号被害の長野へ ボランティアバス出発】


台風19号の被害を受けた長野市で支援活動をする人たちを乗せた岐阜県社会福祉協議会の「災害ボランティアバス」が2019年11月21日、県内在住の20~70代の28人を乗せて出発しました。

ボランティア不足解消のため計2便の運行を企画して参加者を募集、いずれも定員に達しました。この日、一泊二日の日程で出発した第1便は、現地で指示を受けながら22日朝から夕方まで、民家の泥の除去やごみの処分などをします。

岐阜市の県福祉・農業会館で開かれた出発式では、岐阜県社協の事務局長が「健康に十分留意して、被災者に少しでも寄り添っていただきたい」と激励しました。

11月上旬に単独のボランティアとして長野を訪れ、2度目の訪問として応募した羽島市の無職72歳の男性は「現地では人手が一番ほしいのだと思った。体が動く限り何かの役に立ちたい」と話し、バスに乗り込みました。

第2便は30日に、日帰りで47人が参加します。
中日新聞 2019年11月22日

20191124岐阜県
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク