FC2ブログ

記事一覧

岩手県社協 貧困解消へ支援着々 県社協の社会福祉法人経営者協議会によるIWATE・あんしんサポート事業

岩手県社協
【貧困解消へ支援着々 県社協の社会福祉法人経営者協議会によるIWATE・あんしんサポート事業】


高齢者や障害者らの福祉施設運営などを行う県内の社会福祉法人が、深刻化する貧困問題に連携して取り組んでいます。岩手県社会福祉協議会の社会福祉法人経営者協議会は、昨年度社会福祉法人の責務とされた地域公益活動の一環として、訪問支援や現物給付で生活困窮世帯を支援するIWATE・あんしんサポート事業を展開しています。社会のひずみでもがく人々の窮状に迅速に寄り添い、さらなる対象者の掘り起こしを目指しています。

年金で暮らす一関市の70代女性は昨年、親族の医療費や車の修理費用など急な出費が重なり、電気代も払えないほど困窮していました。女性から相談を受けた市社協は、同市の特別養護老人ホームに連絡。同事業の相談員が駆け付けて代わりに電気代を納付し、当面の食料を無料で給付するフードバンクなどの支援につないで窮状を救いました。女性は支援をきっかけにパートの働き先を見つけ、年金以外の収入源を得ています。

同経営者協議会(188法人)は、昨年度1年間で独自の活動資金として計122万円を拠出し、93件の相談に対応しました。3月末時点では加盟35法人でしたが、本年度は51法人に拡大。相談員も61人から92人に増員し、活動を本格化しています。

詳しくは「岩手日報」(2017/05/15)をご覧ください。

岩手日報20170515
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク