FC2ブログ

記事一覧

長野市社協 ボランティア「被災地支援息長く」 受け入れ再開

長野県長野市社協
【ボランティア「被災地支援息長く」 受け入れ再開】


2019年10月の台風19号災害で被災した長野市で、長野市社会福祉協議会の市災害ボランティアセンター(VC)は2020年1月10日午前、ボランティアの受け入れを再開しました。被災から間もなく3カ月。本格的な冬を迎え、参加人数の減少も懸念される中、参加した人たちは「息の長い支援を続けたい」と、黙々と住宅の片付けなどに取り組みました。

全壊の判定を受けた長野市赤沼の72歳男性の住宅ではボランティア6人が作業。男性は長野市が所有者に代わって解体・撤去する「公費解体」の制度を利用する予定で、この日はボランティアとともに室内の家財道具を外に出し、処分する作業を進めた。男性は「自宅の片付けも妻と2人ではどうすることもできない。リンゴ畑にも泥が残り、まだ何もできていない」と話しました。

男性宅で活動したボランティアはこの日が28回目の参加。「あちこちにあったごみの山も片付き、復興が進んでいるように見えるが、一軒一軒回ると、まだ人手が必要な家は多くある。支援を続けたい」と力を込めました。VCによるボランティアの受け入れは今後、金、土、日曜日と祝日に実施します。
(長野新報 2020年1月10日)

20200111長野市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク