FC2ブログ

記事一覧

水戸市社協 災害ボランティアセンター運営訓練開催 市民ら運営方法確認

茨城県水戸市社協
【災害ボランティアセンター運営訓練開催 市民ら運営方法確認】


災害時のボランティア活動を支援する人が手順などを学び、知識を向上させることを目的とした災害ボランティアセンター(VC)の運営訓練が2020年1月13日、水戸市緑町二のアダストリアみとアリーナでありました。水戸市社会福祉協議会の職員や市民ら約140人が参加し、VCの運営方法を確認しました。

訓練は水戸市社協と茨城県社協が主催。記録的な大雨により市内の那珂川の堤防が決壊し、城東地区を中心に約2100軒で浸水被害があったと想定しました。参加者は4グループに分かれ、VC、ボランティア、住民の役割を交代で演じました。被災住民のニーズの聞き取りやボランティアの受け付け、活動に必要な資材の受け渡しなど、一連の動きを体験しました。

小学生がボランティア活動への参加を希望したり、ボランティアが体調不良になったりするなど、変則的な事態への対応を試される場面もありました。実際に炊き出しをして、おにぎりや豚汁を配る訓練もありました。参加した水戸市の主婦は「災害では何が起こるか分からないから、臨機応変にやる力が必要になると思う。今日、学んだことを役立てたい」と話しました。

茨城県社協の防災活動アドバイザーの2人による2015年の常総水害におけるVC運営の状況や、VC運営の支援などに関する講演もありました。
東京新聞 2020年1月14日

20200115水戸市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク