FC2ブログ

記事一覧

港南区社協 介護保険事業所と協力し「お買いもの夢ツアー」実施 デイサービス送迎車を活用

横浜市港南区社協
【介護保険事業所と協力し「お買いもの夢ツアー」実施 デイサービス送迎車を活用】


デイサービスセンターの持つ送迎車を活用し、普段買い物に行くことが難しい高齢者を支援する試み「お買いもの夢ツアー」を、港南区社会福祉協議会と東永谷地域ケアプラザが平成29年6月14日、初めて実施しました。高齢者が在宅生活に意欲を持てるように、今回の試みを通して継続できる運営方法を探ります。

パナソニックエイジフリー港南台デイセンターがデイサービス送迎車を提供。平成28年秋、送迎車が使われない昼間の時間帯に「地域貢献活動として何かできないか」と同所から区社協に提案があったのがきっかけです。東永谷地域ケアプラザでは以前より、日常の移動に困っている高齢者の支援について検討していたこともあり、今回の提案を受けて買い物の試みを企画することになりました。

同地域で活動するボランティアや民生委員らの協力も得て、買い物ツアーを企画。高齢者が買い物という夢を叶えることで在宅生活に意欲を持ち、最期まで住み慣れた地域で暮すことができる「地域包括ケアシステム」実現に向けた取り組みとしての一面もあります。

東永谷地域ケアプラザ周辺に暮らす要支援1、2相当で、家庭や身体の状況で買い物に行けなくなった高齢者を対象に募集し、5人の女性が参加。6月14日、百貨店までの初ツアー当日は送迎車に職員やボランティアも同乗し、参加者の各自宅までお迎え。同店に到着後、各参加者には担当のボランティアスタッフが1〜2人付き添い、それぞれ回りたい売場へ移動して買い物がスタートしました。

車椅子で移動した参加者の一人はボランティアスタッフとの会話も楽しみながら店員の説明を受け、気に入った商品を購入できました。参加者は「自分で選べて楽しかった」と笑顔を見せていました。

区社協では、今後も定期的に買い物支援を行うためには、協力してくれる事業所を増やすことや、利用者のコーディネートなどの課題を指摘。まずは試みを増やし、運営方法を探っていきたいと話しています。(「タウンニュース」港南区・栄区版 2017年6月22日号

タウンユース 港南区 20170623
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク