FC2ブログ

記事一覧

砥部町社協 認知症高齢者の徘徊対応模擬訓練

愛媛県砥部町社協
【住民、民生委員などら75人が参加し、認知症高齢者の徘徊対応模擬訓練実施】


地域で認知症の高齢者を見守ろうと、砥部町原町の南ケ丘北地区で徘徊対応模擬訓練が実施されました。同地区と隣接の南ケ丘地区の高齢化率(4月1日時点)は45.9%で、町平均の1.5倍超。認知症を知り、助け合える地域づくりが狙いで、砥部町社会福祉協議会が町や町民生児童委員協議会などと連携して初めて開きました。

参加者は住民や老人会、民生児童委員ら75人。社協職員から認知症の症状や接する際の心構え、声掛けの仕方などの講義を受け、さりげなく援助する方法などを学びました。街頭に出ての声掛け訓練では、2グループに分かれ、徘徊する高齢者役にゆっくりと近づき「どこへ行かれますか」「おうちは近くですか」などと優しく声掛けをしました。

松山南署砥部交番の所長は「認知症高齢者を座らせることが大事。立ったままなら移動され、事故に遭う危険もある」とアドバイスし「迷ったら声掛けしてほしい」と呼び掛けました。町民生児童委員協議会の会長は、「これを機に助け合いの輪を広げ、安心して暮らせる町にしていきたい」と話しました。(「愛媛新聞」2017年6月26日

愛媛新聞 290626
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク