FC2ブログ

記事一覧

取手市社協 「夏ボラビ」しませんか 夏休みに障害者施設でボランティアをする中高校生を募集

茨城県取手市社協
【「夏ボラビ」しませんか 夏休みに障害者施設でボランティアをする中高校生を募集】
 

「夏ボラビ」しませんか。取手市の障害者施設「つつじ園」が、夏休みにボランティア活動に参加する市内の中高校生を募集しています。ちょっと(ビッツ)ずつ地域貢献する「ボランティアビッツ」(ボラビ)で、利用者の散歩の付き添いなどをしてもらいます。園は1987年の開設で、取手市社会福祉協議会が運営。現在、18~69歳の知的障害者68人が通っています。

ボラビは園独自の取り組み。昨年10月に「ボラビカード」を発行してボランティアへの参加を募りました。半日の活動で10ポイント、1日だと20ポイントが加算され、満点の500ポイントで500円を社協を通して寄付し、園の利用者の工賃になる一方、利用者が作るさをり織りの製品をもらえる仕組みです。地域の民生委員など約30人がボランティアとして登録し、すでに15人が満点になりました。

今回は、地元の中高校生に障害者への「心のバリアー」を取り除く機会をと企画。利用者と一緒にチラシを袋に入れる作業をしたり、近くの戸頭公園や利根川の土手の散歩に付き添ったりします。1回の参加で100ポイントをつけ、5回の活動でオリジナルの「ボラビTシャツ」をプレゼントします。(朝日新聞 2017年7月23日

ボラビ20170804
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク