FC2ブログ

記事一覧

豊島区民社協 震災被災者ら招き料理のおもてなし

東京都豊島区民社協
【震災被災者ら招き料理のおもてなし】


東日本大震災の被災者らを招き、一流ホテルのシェフたちが料理を振る舞う「としま地域交流のつどい」が平成29年8月7日、豊島区のとしま産業振興プラザで開かれました。

料理を味わいながら同郷の人や地域の人と歓談し、元気になってもらおうと、豊島区民社会福祉協議会などが主催。福島、岩手、宮城、茨城県から避難している被災者31人、ほかに区内の一人親家庭、高齢者サロンの参加者らが招待されました。
区内や近隣のホテルのシェフらが腕を振るい、国産牛のローストビーフ、盛岡冷麺、フランスの陶器蒸し焼き料理などバラエティーに富んだ25種類の料理が並びました。

福島県から避難している男性は「日頃食べられない料理を食べることができ、元気の源になった」、宮城県から家族で避難している女性は「地元からの支援があまりないなか、こうした支援はありがたい」と笑顔で味わいました。氷彫刻の実演も行われ、子どもたちは興味深そうに見入っていました。(産経新聞 2017年8月8日

豊島区民社会福祉協議会20170808
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク