FC2ブログ

記事一覧

篠山市社協 NPOと連携し、不登校やひきこもりを経験した若者の新たな居場所づくり

兵庫県篠山市社協
【NPOと連携し、不登校やひきこもりを経験した若者の新たな居場所づくり】


篠山市社会福祉協議会が、丹南健康福祉センター内で運営する「喫茶ふれあい」では、市内で不登校やひきこもりを経験した若者を支援するNPO法人「結」と連携し、週2回、調理、配膳や接客業務に、ひきこもりを経験した若者が従事しています。働き始めて
8カ月の若者は「、まだまだ接客は緊張するけれど、今まで長く続けられなかった仕事を今も続けられていることが自信につながっています」と語ります。

また、日中に子どもたちが一人で過ごすことが多くなる夏休みと冬休みの期間中、「ささっこ食堂」という子ども食堂を始めました。子どもの参加にあたって、送迎付きにするなどの試みも行っています。「ささっこ食堂」では、学習支援や食事の調理に高校生や大学生などのボランティアを公募したところ17名も集まりました。

ひきこもりや不登校などの課題は、都市部に限らず潜在的な課題として存在しており、就労支援や子どもの居場所については、社会資源の乏しい地域の方が課題となっていることもあります。篠山市社協職員は、「学校との情報交換の中で、子ども食堂が必
要な地域の情報も出ている。今後はこの取り組みの理解者や支援者を増やし、他の地域にも広げていきたい」と語ります。
ひょうごの福祉 2017年7月号

篠山市20170830
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク