FC2ブログ

記事一覧

宮前区社協 高齢者・障害者対象の買物支援 住民・社会福祉法人の協力を得て無料送迎を開始

川崎市宮前区社協
【高齢者・障害者対象の買物支援 住民・社会福祉法人の協力を得て無料送迎を開始】


宮前区社会福祉協議会らが2017年11月下旬から買い物支援サービスを実施します。高齢者と障害者を対象に乗合車両を運行。スーパーマーケットまで無料送迎します。第1回目は11月29日に運行。当面は3ルートで走るといいます。

日常の買い物に不便を感じている高齢者と障害者を対象に乗合車両を運行し、買い物を支援します。子育て世帯の利用も検討していましたが、チャイルドシートの着用など課題が解決されていないため先送りとなりました。

利用は無料。宮前区社協の事務局長は「住民のボランティア、社会福祉法人の車両提供、社協の三者が協力して実現できました。地域で助け、支え合い、自助・互助の力を醸成していきたい。外出して会話や買い物を楽しんでほしい」と話します。

運行ルートは鷲ヶ峯―平ライン(初山団地〜相鉄ローゼン平店)、鷲ヶ峯―水沢ライン(菅生中学校〜ロピア川崎水沢店)、アピエ―東有馬ライン(セブンイレブン川崎東有馬店〜ライフ東有馬店)の3つで、定められた停留所で乗降します。各ルートとも月に1、2回の運行で、1日3便を予定しています。定員は1便あたり6〜8人。買い物の時間は40分をみています。

原則として概ね65歳以上の高齢者と、障害者で、いずれも公的サービスと家族等の援助が受けられない人が対象。社協の賛助会員に登録していることが条件です。

第1便は11月29日、鷲ヶ峯―水沢ラインを運行します。11月から社協窓口で利用申込を受け付けています。運行するエリアや回数などは改善を図り、充実させていく予定です。
「タウンニュース」宮前区版2017年11月3日

20171105宮前区
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク