FC2ブログ

記事一覧

大阪市淀川区北中島地域社協 地域の子どもは地域で守る 北中島宿題ひろば

大阪市淀川区北中島地域社協
【地域の子どもは地域で守る 北中島宿題ひろば】


2017年の4月から、北中島小学校の子どもたちには月1回の楽しみができました。それは、放課後にみんなが集まって宿題に取り組む「北中島宿題ひろば」です。学校が終わった子どもたちは、保護者の先導で続々と北中島社会福祉会館にやってきます。この日は1年生が初めて参加し、6年生まで108人が集まり、玄関は靴であふれました。

1階と2階に分かれて机に座ったこどもたちは、すぐに宿題にとりかかります。わからないことがあれば、ボランティアで毎回参加 してくれる大阪保健福祉専門学校の学生たちがやさしく教えてくれます。宿題が終わった子どもから、我さきに1階のキッチンへ。宿題ひろばでは軽食も用意します。この日のメニューはカレーライスとフランクフルト。冬は豚汁とおにぎりになります。食材は地域の方々の協力で調達したものです。十数人のボランティアが調理や給仕で協力してくれます。

北中島地域社会福祉協議会の副会長は、「地域の子どもたちは地域で守らなければならないという強い思いから、宿題ひろばの開催を思いたちました。北中島小学校、大阪保健福祉専門学校、区役所、区社協、そして知りあいの方々に相談すると、とんとん拍子で準備が進み、約半年で実現にこぎつけることができました」と語ります。

子どもたちに話を聞くと、「宿題が楽しくなった」「毎日でも開いてほしい」と大好評。 北中島小学校の校長も「家庭学習の習慣づけにもつながってほしい」と期待しています。宿題のサポートを通して、こどもたちと地域が強くつながり、安心 して暮らせるまちづくりが進みつつあります。「まずは継続 し、ゆくゆくは月2回の開催をめざしたい」と語る北中島地域社協副会長の笑顔が印象的でした。
「大阪の社会福祉」 2017年10月

20171121西淀川区
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク