FC2ブログ

記事一覧

上山市社協 お弁当届けて高齢者見守る 調理から配達までボランティアが分担

山形県上山市
【お弁当届けて高齢者見守る 調理から配達までボランティアが分担】


上山市社会福祉協議会では高齢者世帯の見守りにつなげようと、2011年から高齢者向けの配食サービスを続けています。調理から配達までボランティアが分担し、高齢者を地域で支えるネットワークを作るのが狙いです。

対象は65歳以上の市内在住者で、日常生活に不安のある独り暮らしや高齢者のみの世帯など。利用できるのは毎週1回、火、水、木曜のうち1日で、現在は75人が利用しています。
1食400円の昼食弁当は管理栄養士が栄養バランスを考え旬の食材を使い、彩りが楽しめるようボランティアもアイデアを出し合います。

調理と配食のボランティアがあり、配食は2人1組で高齢者宅を回ります。弁当にはその日の食材や季節にまつわる話題をつづったチラシも添え、高齢者がなるべく色々な情報にふれられるよう工夫しています。配食ボランティアは訪問先の高齢者の体調を確認するのも重要な役割です。調理には約40人、配食には約20人のボランティアが登録しています。

市からの年間の委託料約400万円は食材購入に充てられます。調理ボランティアには1回700円が支払われ、配食ボランティアはマイカーを使った人に1回600円のガソリン代が支払われます。

高齢化が進む地域で、ボランティアの活躍で支えられる食事サービスの模様は、朝日新聞平成28年12月12日をご覧ください。

朝日新聞281212

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク