FC2ブログ

記事一覧

竜王町社協 生まれて初めてのボランティア「プチどら★にこにこプロジェクト」 グループホームを訪ねて赤ちゃんがお年寄りを笑顔に

滋賀県竜王町社協
【生まれて初めてのボランティア「プチどら★にこにこプロジェクト」 グループホームを訪ねて赤ちゃんがお年寄りを笑顔に】


赤ちゃんと保護者が地域のグループホームを訪れてお年寄りと交流する滋賀県竜王町社会福祉協議会のプロジェクトが好評です。敬老の日などに限らず毎月交流する取り組みは全国でも珍しいといいます。「生まれて初めてのボランティア」とも言える現場をのぞくと、世代を超えて自然体でつながり合う居心地の良い空間が広がっていました。木曜午前10時、母親4人と生後4か月~3歳の赤ちゃん5人が同町の「わかすぎの丘・七里」へ。リビングに集まった入所者9人にゆっくりと大きな声で自己紹介します。全員で童謡「うさぎとかめ」を歌い、緊張をほぐします。

対面してから15分後、「触れ合いタイム」に入りました。ソファに座る89歳の女性の隣に、生後4カ月の赤ちゃんを抱いてお母さんが腰を下ろしました。女性は「かわいいね」と頬を緩めて赤ちゃんの頭をなで、終戦後の引き揚げ体験を語り始めました。「私は薩摩の出身。16歳で満州に渡った。のちに夫となる滋賀県多賀町の男の人が助けてくれてね。それで(日本に)帰ってこられた。今は聞く人もおらん」。つらい記憶を思い出したのでしょう、赤ちゃんを抱き寄せました。

この「プチどら★にこにこプロジェクト」は2015年10月に始まりました。思いやりの心を育むとともに、若い子育て世代に地域に関心を持ってもらうのが目的です。未就園児と保護者が対象で、現在は3人の父親を含む32世帯が登録。わかすぎの丘に加え、「希望の家・綾戸」にも月1回ずつ、4~6組が訪れています。

生後4カ月の赤ちゃん連れたお母さんは初回のメンバーでもあります。当時2歳の長女に「上の世代と触れ合ってほしい」と軽い気持ちで参加しました。近所の人にも自分から声を掛けられるようになった娘の姿に成長を感じたといいます。お母さんは「子育てに行き詰まっても人生の先輩から『子は宝』と言葉をもらうと、子どもの大切さを確認できる。元気をもらえるのが魅力」と話します。

リビングを見渡すと、自身が描きためたイラスト帳を自室から持ってきて紹介するお年寄りがいる一方、赤ちゃんに関心を示そうとしないお年寄りの姿も。1時間の交流が終わりに近づいたころ、お母さんはお年寄りが差し出す右手を両手で握り返します。赤ちゃんはもう一度、頭をなでてもらいます。3人の笑顔が印象的です。

見守っていた竜王町社協の地域福祉コーディネーターは思います。「認知症の人もいる。世代も違う。だけど、そんなことを軽々と超えて世界が広がる。途中で亡くなる人もいて命のリレーを実感する。おうちに行かせてもらうという感覚と一期一会を大切に、無理なく交流を続けたい」
(京都新聞 2018年3月25日

20180327竜王町
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク