FC2ブログ

記事一覧

向日市社協 女性はママ友、男性は同僚 育児の相談相手に明確な違い 子育ての実態を調査

京都府向日市社協
【女性はママ友、男性は同僚 育児の相談相手に明確な違い 子育ての実態を調査】


向日市社会福祉協議会はこのほど、子育て実態調査と題するアンケートを実施しました。男女別に就労状況や労働時間、家事や育児の役割分担、配偶者への要望や育児相談を誰にするかなど幅広く質問。回答のうち就労状況や相談相手では男女で明確な違いが浮き彫りになりました。少子化や核家族化が進む中、育児の課題や必要な支援の内容を明らかにすることが狙いです。調査は2017年12月3日、京都市南区の商業施設で実施しました。向日市社協が催した子育てイベントの来場者に協力を求め、男性117人、女性163人から回答がありました。男女とも同じ質問に答えてもらいました。

就労に関する質問では男性がほぼ全員、女性も7割が「働いている」と回答。自宅を出る時間は、男性が午前7~8時半、女性は午前7時半~9時半が多く、ずれが見られます。1週間の残業時間も女性は0時間が最多で、男性は10時間以上が多くありました。向日市社協は、保育所などに通う子どもの送迎は女性が担っていることが多いと推測します。質問で自由記述とした配偶者への感謝や要望では、女性は男性に対して早い帰宅や育児、家事への参加を促す内容が目立ちました。男性は帰宅時間が遅いことへのもどかしさ、仕事への理解を女性に求める意見が多くありました。

育児の疑問や悩みを相談する相手を尋ねると、女性は配偶者以外の親族や地域の育児友だち、また男性は職場の関係者を挙げる割合が高いという結果です。子育てが始まってからの友人の増減について男性は「変化なし」、女性は「増えた」が圧倒的多数を占めます。調査結果を踏まえ、向日市社協は各家庭の生活環境に合わせた育児や家事の役割分担が必要として、「育児は家庭の中だけで完結させず、社会も上手に利用することが重要。社会も子育て世代を支援する意識を高めてほしい」としています。

調査結果は向日市社協ホームページをご覧ください。
京都新聞  2018年03月26日

20180329向日市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク