FC2ブログ

記事一覧

都城市社協 「みやこのじょう地域見守り応援隊」が発足 新聞・牛乳宅配など民間の6事業所と

宮崎県都城市社協
【「みやこのじょう地域見守り応援隊」が発足 新聞・牛乳宅配など民間の6事業所と】


独り暮らしのお年寄りらの異変や子どもへの虐待を早期に発見しようと、「みやこのじょう地域見守り応援隊」が2018年3月20日、都城市に発足し、関係団体による協定締結式がありました。官民一体となって地域のセーフティーネット機能を強化するのが狙いです。今回発足した「見守り応援隊」は、民間事業者が日常の業務を通じて訪問先の異変に気づいた時、市の窓口(福祉課)に通報する仕組み。これを受けて民生委員・児童委員らが安否確認を行います。緊急の対応が必要な場合には警察や消防署に直接通報することもあります。

協定を結んだのは、朝日新聞都城販売や宅配クックワン・ツゥ・スリー、雪印メグミルク宅配センター都城など民間の6事業所と、都城市社会福祉協議会、市民生委員児童委員協議会、都城署、都城市。「応援隊」では具体的な対応として、郵便物や新聞が取り込まれていない、同じ洗濯物が干されたまま、対象者が座り込んだまま呼び掛けに応じない、法外な高額商品や大量の健康食品などを置いている、といった異変のサインをキャッチしたいとしています。

協定を結んだ会社の一つで、今回事業所代表としてあいさつした宮崎都城信用金庫都城営業部の副支店長は「安心安全な暮らしが維持できる県内でも注目される地域となるよう頑張っていきたい」と話しました。朝日新聞都城販売の代表取締役は「配達先の新聞受けに数日分がたまっていたら市の窓口に連絡するといった対応を配達担当に周知徹底したい」などとしています。
朝日新聞 2018年3月22日

20180330都城市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク