FC2ブログ

記事一覧

双葉町社協 東日本大震災 町の高齢者拠点施設「サポートセンターひだまり」 いわき市内の災害公営住宅に完成

福島県双葉町社協
【東日本大震災 町の高齢者拠点施設「サポートセンターひだまり」 いわき市内の災害公営住宅に完成】


双葉町が「町外拠点」に位置づける災害公営住宅「勿来酒井団地」(いわき市)に、町の高齢者福祉施設「サポートセンターひだまり」が完成し、2018年3月29日に開所式がありました。市内の南台仮設住宅から移転。新たに入浴などのデイサービスも提供します。鉄骨平屋建てで、広さは仮設時代の約2倍の675㎡。厨房や浴室を備えます。福島県が2億7797万円で整備して町に貸し出し、双葉町社会福祉協議会が運営します。スタッフは看護師ら18人。双葉町民を対象にデイサービス(定員28人)、健康・福祉の相談業務、巡回介護を行います。

ひだまりは2012年1月に南台仮設に開設され、高齢者らの交流の場となりました。勿来酒井団地は4月から住民の入居が本格化し、郡立診療所、集会所、商業施設も続いてオープンします。双葉町長は「町に戻るまで安心して住んでもらうための施設で、近隣住民との交流にも役立てたい」と述べました。
.(毎日新聞2018年3月30日

20180404双葉町
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク