FC2ブログ

記事一覧

藤里町社協 ひきこもり、働く力 自立支援施設「こみっと」開設 狙いは一人一人の力を最大限に引き出すこと

秋田県藤里町社協
【ひきこもりの人たちの居場所、交流拠点、働く場としても 地域福祉の拠点「こみっと」が効果】


世界遺産・白神山地の南の麓、秋田県北部にある藤里町は人口3448人(2017年4月現在)、高齢化率は45%を超えます。冬は雪に閉ざされる小さな町の社会福祉協議会のひきこもり支援が全国から注目を集めています。

2010年、地域福祉の拠点として「こみっと」を開設しました。介護予防の機能訓練室、食事サービスの調理室、カラオケや囲碁将棋を楽しむサークル室、婦人会や老人会など各種団体の共同事務所…。藤里町社協の会長は「ひきこもりとか高齢者とか特定せず、福祉サービスが必要な人に集まってもらう場所にしたかった」。いろいろな人が集うことで、ひきこもりに対する偏見を和らげる狙いもありました。

開設準備と並行し、1年半かけて、職員らと町内を戸別訪問し「こみっと」を周知しました。すると予想もしない現実が見えてきました。18~55歳で、不就労期間が長く、家族以外との交流や外出がほとんどないひきこもりが113人いました。町内の同年齢人口の実に8.7%に上り、半数が40歳以上でした。

4年半、東京で働いた後に秋田県に戻り、祖母の介護などで約12年間ひきこもりがちだった48歳の女性は現在、社協のパート職員として全国から来る視察研修などに対応しています。「高望みして仕事が見つからなかった。ちょっとつまずいてずっと(12年間)きてしまったって感じ。心の病という問題でもなかった」と振り返ります。

当時社協の事務局長だった藤里町社協の会長が2度家に来て、こみっとの情報やヘルパー養成講座のチラシを置いていきました。ヘルパー養成講座は、求職者支援事業として、受講生に月々給付金が支給されました。「スキルを身に付けてお金がもらえるのなら」と、社協職員の女性は講座に参加し、ヘルパー2級の資格を取りました。

職員の女性同様、戸別訪問により受講を決めたのは50人に上りました。職員の女性は「ひきこもりの人には情報を与え続けることが重要。1度や2度でやめると、見捨てられたと受け取る。情報を携えた訪問を続けることで、相手はちょっと外に出てみようかとなる。仕事をしたいと思っているひきこもりの人は結構多い」と話します。

こみっとで活動を始めた女性はウエーターや調理、そば打ちなどを担当。12年には特産のマイタケと卵、生クリームを使って焼き上げる「キッシュ」の商品化に関わりました。初年度の売り上げは450万円。藤里町社協会長は「これでこみっとを見る町民の目が変わった。ひきこもりが集まる場所から若者が頑張っている場所になった」と話します。

10年以降の5年間で、113人のひきこもりのうち、86人が支援により何らかの仕事に就き自立しました。藤里町社協会長は「今はもう(ひきこもりは)10人未満」と笑います。昨年6月には町民を対象に、ボランティアを含めいろいろな仕事を紹介する登録制度「プラチナバンク」を創設しました。希望する収入や仕事時間、経験などに合わせて、藤里町社協がマッチングします。300人以上が登録しており、社協が運営するレストランや、高齢者施設の清掃、高齢者宅の除雪作業など幅広い仕事を用意しています。

支援を始めて8年。藤里町社協会長は「ひきこもりにはそれぞれ理由があり、決して能力が低いわけではない。彼らを含めたみんなで支え合うまちづくりはきっと可能」と力を込めています。
福井新聞 2018年4月19日

20180424藤里町
秋田県藤里町社協
【人口減時代の知恵 高齢者が活躍できる環境づくり】


その数字を何度も見返してしまった。50.1%、マイナス41.2%-。2018年3月に公表された2045年の秋田県の高齢化率と人口減少率の推計です。いずれも全国ワースト。さらに人口は60万人まで落ち込むといいます。秋田県知事は「県という仕組みが残っているのか」と表情を曇らせましたが、危機感を抱くのは当然だと思います。

その頃、そんな暗い数字をはね返すような取り組みを取材しました。2018年4月21日付社会面の連載「縮む日本の先に 地方はいま」。藤里町社会福祉協議会の事例を紹介しました。4000人に満たない町に“ひきこもり”が113人もいると判明しましたが、藤里町社協は彼らが自立して働ける環境を整えました。特産のマイタケを生かした「白神まいたけキッシュ」の製造を手掛け、町の名物に押し上げました。現在は次のステップに移行しており、町民の45%以上を占める高齢者が活躍できる環境づくりに励んでいます。なかには90歳以上も元気に参加しているといいます。

「山菜採りの名人」という町の70代の男性がこんなことを教えてくれました。「タラの枝をバケツの水に浸して放っておけば、どんどん芽が出てくるんだ」。藤里町社協は山菜を使った新たな商品を開発中で、“スペシャリスト”の存在が不可欠になっています。町には全国から視察が訪れています。藤里町社協会長は「地域によって事情は異なりますが、一人ひとりが間違いなく大切な存在。個の力を引き出すことが、結果として町の活力につながります」と語りました。人口が減れば、より個人に光を当てる。そのアイデアと真剣な姿に、解決のヒントを見た気がしました。
(山本康介「支局の目 人口減時代の知恵 /秋田」 毎日新聞 2018年5月17日)

20180519藤里町


秋田県藤里町社協
【ひきこもり、働く力 自立支援施設「こみっと」開設 狙いは一人一人の力を最大限に引き出すこと】


10年近く前、藤里町社会福祉協議会に勤め、高齢者宅を戸別訪問していた町社協会長は、仕事をせず、昼から家で過ごす人々に気付きました。多くは男性。2017年度まで国が調査してきた「ひきこもり」は15~39歳ですが、状態が長期化したのか、中年世代も目立ちます。

国内最速で人口減と高齢化が進む秋田県。白神山地を抱える藤里町はその中でも減少率は全県トップ、高齢化率は2位で、現役世代は貴重な存在です。長く働いていない人も含めて調べたところ、18~55歳のうち113人、約8.7%を占め、現役世代の23人に2人が孤立がちな生活を送っていました。

「外に出ませんか」。ショックを受けた町社協会長らはレクリエーションなどを企画したがうまくいきません。困り果てていたころ、社協スタッフの採用試験に、21歳の男性が現れました。友人関係に悩み高校を中退し、周囲と没交渉になっていましたが「同世代が就職し始め、焦った」と打ち明けました。

職につけない状態が長引き、結果的に孤立する人が多いことに気付きました。必要なのは交流の場より、きちんとした役割ではないか。さっそく、就労の情報提供として、ホームヘルパー2級の資格を取る研修のチラシを113人の家に投げ込んだところ、かつて外へ連れ出そうとした一人の女性が研修会場に現れました。

国立大卒。東京の情報処理会社で4年働き、20年ほど前に戻りましたが、就職試験に落ち続け、貯金も底をつきました。「脱線してはい上がれないと終わり」。そう思い悩んでいた40歳の時に、チラシが目にとまりました。研修中は月10万円の収入。「これで動かないでどうする」と考えました。

藤里町社協は2010年に自立支援施設「こみっと」を開設し、孤立した人々の家庭訪問を始めました。狙いは一人一人の力を最大限に引き出すこと。まずは社協運営の食堂で働くなどして、地域住民と交流。生活リズムを取り戻した後、町内や近隣の職場を紹介する取り組みです。女性も接客を学んだ後、社協でパートとして働くように。取り組みは成功し、113人は大半が新たな仕事を見つけました。対応が一段落すると、藤里町社協は全町民を対象にした人材派遣事業「プラチナバンク」を始めました。「個々の力を最大限に」というコンセプトは同じで、住民の1割近い約320人が登録。ほとんどが高齢者です。メンバーは自ら採取した山菜でアイデア商品を生み出し、東京で販売することも決まりました。70代男性は「形になれば更に頑張れる。今ではライフワーク」と話します。

「意欲や希望さえあれば誰もが生涯現役」と話す藤里町社協会長。一連の取り組みは注目され、視察が絶えません。秋田県立大准教授(社会学)は「厳しい人口減の中で、潜在的な人材の能力を引き出し、地方創生につなげた。マイナスをプラスにする事例が興味深い」と高く評価します。

3月下旬、こみっとの関連施設に香ばしいにおいが漂う。113人の一部も関わったフランスの郷土料理・キッシュ作りです。町特産のマイタケ入りで、売り上げも順調。いまや町を代表する名物料理となりました。メンバーが巣立ったいま、その製造を高齢者へ引き継ぐことはかつてひきこもっていた女性の大切な仕事です。

「ひきこもっていたと言われると違和感があります」。現在48歳になった女性は振り返ります。113人は知人らと交流がある人も多く、社協の取り組みに反発する親も少なくありませんでしたが、新たな希望を見いだすようになったことは間違いありません。「誰かに必要とされている感覚。悪くないですよ」。女性はそう話しました。.
毎日新聞 2018年4月21日

20180429藤里町1


秋田県藤里町社協
【「ひきこもり支援では情報提供に徹してきた」 戸別訪問を繰り返し、福祉のニーズを聞き取ってきた会長が強調】


ひきこもりの人を含む若者支援を長年展開している秋田県藤里町社会福祉協議会の会長に、地域福祉の観点からのひきこもり対策について聞きました。戸別訪問を繰り返し、福祉のニーズを聞き取ってきた会長は「みんな情報を欲しがっていた。ひきこもり支援とはカウンセリング相談と思いがちだが、施設やその機能、仕事、講座などに関する情報を提供し続けることを心掛けてきた」と話しました。

―ひきこもりなどの若者支援を始めた理由は。
「高齢化が4割を超える町で、次世代の担い手が必要だと思いました。一般的な就職が難しいひきこもりの人も、特に力がないわけではありません。彼らの力を借りたまちづくり、地方創生があります」

―福祉の拠点「こみっと」は調理、サークル室、レストランなど多機能で、幅広い世代が集う場になっています。
「匿名性が確保できない点はありましたが、誰でも気軽に出てこれる場所にしたかったし、内向きのサロンにしたくありませんでした。ひきこもりの人がサロンの中で優等生であっても、社会ではあまり意味がないと思いましたし、サロンのニーズもあまりありませんでした」

「誰がどんな立場の人か分からないから、あるボランティアのおばちゃんは、ひきこもりの男性に『ひげ伸び放題だね。そってきなさいよ』と悪気なく言っていました。翌日、男性はきれいさっぱりしていました。そのおばちゃんは履歴書の書き方が分からず、(ひげをそった)男性に教えてもらっていました。結果的にここが一つの地域社会になっていました」

―2012年にこみっとで商品化したキッシュが売れた影響は。
「こみっとは変な人たちが何かやっている場所と思われており、ひきこもりのイメージはすごく悪かったです。それが、若者が頑張っている場所に一気に変わりました。親せきから『あんた、家にいるぐらいなら、こみっとさんを手伝ってきなさいよ』と言われ、30年ぶりに外に出たひきこもりの男性もいました」

―ひきこもり支援で気を付けてきたことは。
「心の闇の解決は病院で、という立場を貫きました。あくまで地域福祉。ただ、支援とはカウンセリング相談と思い込んでいた職員が大半で、意識改革は大変でした。戸別訪問で分かったことは、多くのひきこもりの人は仕事などの情報を求めていたということです。とにかく『面白い場所があるよ。おいでよ』と情報提供に徹してきました。それによって、ほとんどのひきこもりの人が自立しました」

―若者支援から始まったまちづくりの今の形は。
「小さな町で、支援する人、される人をきっちり分けることは現実的ではありません。現在は人づくり、仕事づくり、若者支援を中心に、町民全てを対象に生涯現役を目指せるまちづくりを進めています」

「若者支援で培った職業体験や自然体験カリキュラムを町外の人に開放しています。町の魅力を全国に発信することにつながっています」
福井新聞 2018年4月20日

20180430藤里町2

(参考)
菊池まゆみ著『地域福祉の弱みと強み~「藤里方式」が強みに変える~』(全社協 2016年10月)は、過疎の町の小さな社協が、「藤里方式」で住民の「頼りになる社協」に変わっていく過程を描いた迫真のドキュメントです。 菊池さんの本は全社協出版部ホームページからご購入いただけます。

20180430藤里町3

第1章 「藤里方式」ことはじめ
第2章 「藤里方式」の取り組み事例① 機能する組織づくり
第3章 「藤里方式」の取り組み事例② 人材育成
第4章 「藤里方式」の実践的人材育成
第5章 住民全てが生涯現役をめざせるまちづくり
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク