FC2ブログ

記事一覧

金ケ崎町社協 障害児の放課後デイ開所 空き家を活用し自立後押し

岩手県金ケ崎町社協
【障害児の放課後デイ開所 空き家を活用し自立後押し】


金ケ崎町社会福祉協議会が運営する放課後等デイサービス第3クレヨンは2018年4月18日、現地で開所式を行いました。障害がある金ケ崎町や奥州、北上両市の児童生徒が放課後に利用し、自立に向け社会訓練や創作活動などを行う施設。5月1日から業務を開始します。

開所式は職員ら約40人が出席して行われ、高橋由一町長ら7人がテープカットで待望の施設開所を祝いました。管理者は「障害の程度は全員異なる。職員の情報共有を密にし安心安全に過ごせる場を提供していきたい」と力を込めます。同施設は、空き家を改修した木造平屋(面積約70平方メートル)。改修工事費は約227万円。定員は10人で、職員5人体制。
岩手日報 2018年04月18日

20180430金ケ崎町
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク