FC2ブログ

記事一覧

別府市社協 小中学生の習い事の費用支援 年2万~3万円 経済的事情であきらめないで

大分県別府市社協
【小中学生の習い事の費用支援 年2万~3万円 経済的事情であきらめないで】


別府市社会福祉協議会は2018年5月23日、スポーツや音楽などに意欲があるが経済的な理由で取り組めない小中学生に、年2万~3万円を支給する事業を7月から始めると発表しました。10年程度続ける見通しです。別府市社協によると、社協が個人に対して資金的支援する事業は九州では初めてといいます。

対象は親が市内に住む小中学生。低所得など家庭の経済的な事情で、スポーツや音楽、芸術活動などに二の足を踏んだり、中断したりしないようにするため、小学生に年上限2万円、中学生同3万円を支給します。年間で小学生30人、中学生25人を想定し、事業費は年135万円。年4回募集、約3カ月後に支給します。外部委員を入れた審査会で審査して支給対象者を決めます。高校生には、入学や進級時に3万円を支給する奨学金支援事業を10月から始める予定です。年に15人を想定しています。

別府市社協は2015年、市内の篤志家から2800万円を寄贈され、基金を創設。生活相談を通して、子どもたちがスポーツなどを我慢したり、指導者らが自己資金で支援したりする現状が明らかになったことから事業化しました。基金への募金も呼び掛けています。別府市社協常務理事は「個性を伸ばし、市の将来を担う人材に育ってほしい」と話しています。
(西日本新聞 2018年05月24日

20180526別府市
大分県別府市社協 新事業 生活困窮「別府っ子応援事業」スタート 遺贈2800万円を活用

別府市社会福祉協議会は、生活に困窮する子供たちを主に支援する「別府っ子応援事業」を始めます。別府市社協によると、これまで子供への支援事業はありませんでしたが、2015年に95歳で亡くなった同市の男性から遺贈された2800万円を基金として、10年計画で活用することにしました。

事業は主に(1)スポーツや文化芸術活動への意欲があるものの、家庭の経済的理由で参加できない小学生約30人へ1人2万円、中学生約25人へ3万円ずつ贈与する(2)同市が支給する奨学金制度の枠(高校生60人)からもれた高校生15人へ1年間に3万円ずつ(3年で計9万円)贈与する(3)市内で子ども食堂を運営する5団体へ2万円ずつ助成。食堂開設のノウハウの情報提供も行う(4)小中学生が福祉を学ぶ冊子を配布し、夏のボランティア体験も実施する(5)これらの事業の支援サポーターを公募する、の5項目。

現基金は10年間で使い切る計算ですが、基金への追加の寄付は随時受け付けます。
.(毎日新聞 2018年6月1日

20180603別府市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク