FC2ブログ

記事一覧

茅野市社協 3市町村で「茅野市・富士見町・原村成年後見支援センター(仮称)」を4月スタート

長野県茅野市社協
【3市町村で「茅野市・富士見町・原村成年後見支援センター(仮称)」を4月スタート】


茅野市社会福祉協議会は4月から、認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が不十分な人を成年後見制度に基づく業務で支援する「茅野市・富士見町・原村成年後見支援センター(仮称)」を、市社協事務所に開設します。ここでは同制度に関する啓発や相談、法人後見を行い、高齢者や障がい者の財産や権利を守り、安心して暮らせる環境整備を進めます。

茅野、富士見、原の3市町村は成年後見制度の周知・啓発や権利擁護相談、第三者後見人の紹介あっせんなどの業務を市社協に委託。このほか成年後見の申し立て相談や法人後見人の業務を行います。これらの業務は社会福祉士を数人配置し実施する方針です。

センターの開設は昨年3月、諏訪地域障がい福祉自立支援協議会など8団体が諏訪広域連合と諏訪6市町村にセンター設置を要望したのがきっかけです。基幹社協として3市町村で日常生活自立支援事業を行い、2015年度から法人後見の受任を始めていた茅野市社協に委託を決めました。茅野市社協における同事業の1月末契約数は前年同月比5件増の45件(うち茅野市34件)。成年後見制度の申し立てが必要なケースが「約半数を占める」といいます。高齢化に伴って増加する認知症高齢者や「親亡き後の障がい者」への支援が急務の課題です。

3市町村社協連携の取り組みは、 長野日報(平成29年年2月21日)をご覧ください。

長野日報20170221
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク