FC2ブログ

記事一覧

岩手県社協 高校生が車いす整備を学ぶ 使われなくなった車いすを修理し海外に贈る活動「車いすフレンズ」の技術講習会

岩手県社協
【高校生が車いす整備を学ぶ 使われなくなった車いすを修理し海外に贈る活動「車いすフレンズ」の技術講習会】


岩手県内の高校生が使われなくなった車いすを修理し海外に贈る活動「車いすフレンズ」の技術講習会が、2018年6月28日盛岡で行われました。この活動は岩手県社会福祉協議会などが呼びかけ2003年度から行われているもので、県内の高校生が車いすを修理します。これまで800台を越える車いすがタイや韓国などアジアを中心とする海外に贈られました。28日は工業系の高校など6校から33人が参加し車いすの修理にあたりました。

(リポート)「修理される車椅子のほとんどがタイヤがすり減っていたりパンクしていたりするものです。きょうはまずこのタイヤの交換から行います」 

車いすを贈る国や地域には道路が舗装されていないところが多くあります。そのため、作業ではパンクしにくいタイヤに替えて長く使ってもらえるようにしました。

 (作業する声)「ぐっと入れて・・少しずつ」

県内の福祉施設から寄せられた使わなくなった車いすは型の古さは見られましたが、タイヤを替え車体を磨くことで生まれ変わっていきます。生徒たちは蒸し暑さのなか真剣な表情で修理に臨んでいました。

(生徒)「タイヤ交換の時に力を使うのできついです」「細かい部品もありますがすみずみまできれいにして、使う人が気持ちよく使えることを目指してやっています」

タイでは車いす1台の価格が1カ月分の給料に相当するといい、修理された車いすを待つ人も多くいると、生徒たちは学びました。これからそれぞれの学校でも車いす修理を行うことになっています。修理された車いすは今年の秋に贈られる予定です。
岩手放送 2018年06月28日

20180630岩手県
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク