FC2ブログ

記事一覧

奄美市社協 難聴者・中途失聴者協会を設立 定例会を開催し情報交換実施

鹿児島県奄美市社協
【難聴者・中途失聴者協会を設立 定例会を開催し情報交換実施】


奄美市難聴者・中途失聴者協会の立ち上げ総会が2018年6月23日、奄美市社会福祉協議会でありました。会員や関係者ら約30人が出席し、2018年度予算などを承認した。難聴者支援事業についての講演もあり、同協会は難聴者や中途失聴者が住みよい社会づくり実現に向けて第一歩を踏み出した。

総会では発起人のなかから会長が選出され、難聴者や中途失聴者の生活向上や社会参加、自立の促進を図ることなど活動方針を決めました。2018年度は情報交換のため奇数月の第3日曜日に定例会を開くことを確認しました。

講演は鹿児島市手話通訳者・要約筆記者派遣運営協議会の方が講師を務めました。テーマは「難聴者と要約筆記」。講師は▽要約筆記は話し手の話の内容を要約して筆記し、聴覚障がい者に伝達するもの▽要約筆記者の養成と派遣は13年4月施行の障害者総合支援法で地方自治体の必須事業になった―などと要約筆記を実演しながら説明。鹿児島市や鹿屋市が派遣に取り組んでいる事例を挙げ、「行政に働き掛けながら、地元で要約筆記者を育ていくことが求められる」と指摘しました。

会長は「手話を使わない難聴者がいることを多くの人に知ってほしい。会員や支援者と協力し、奄美市でも要約筆記者の養成や派遣が実現できるよう活動していきたい」と話しました。
南海日日新聞 2018年6月24日

20180704奄美市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク