FC2ブログ

記事一覧

宇部市社協 聴覚障害や知的、精神障害など、意思疎通や情報収集が困難な障害者を支援 コミュニケーション支援室開設

山口県宇部市社協
【聴覚障害や知的、精神障害など意思疎通や情報収集が困難な障害者を支援 コミュニケーション支援室開設】


障害者の社会参加の一助にと、宇部市社会福祉協議会は2018年度、「コミュニケーション支援室」を立ち上げました。市多世代ふれあいセンター2階の一室を利用し、手話通訳の経験が豊富な専門職員3人が常駐。聴覚障害だけではなく、知的、精神障害など意思疎通や情報収集が困難な幅広い障害者を対象に支援しています。障害者差別解消法に続き、2017年4月には市の「障害のある人へのコミュニケーション支援条例」が施行されるなど、障害者に対するコミュニケーション支援の必要性が高まる中、従来から行う聴覚障害者への支援を拡幅する形で新設しました。

コミュニケーション支援が必要な障害は聴覚障害や音声言語機能障害をはじめ、意思疎通が不得手な知的障害や精神障害、言葉の発達に遅れがある発達障害など多岐にわたる。視覚障害者も視覚的な情報の交換は難しくなる。相談の受け付けは来所や電話、ファクス、メールなど相談者の希望に沿って対応。当事者やその家族に加えて、障害者を雇用している事業所など健常者からの相談も受け付け、障害の特性に応じた支援を続けています。

「コミュニケーションに自信がないから社会に出られない」と支援室長。支援室を数回訪れている発達障害を持つ人は 相手の反応が気になり、声を出せない状況でしたが、現在は職員に親しみ、自分のことを話し始めているといいます。

障害者の関係団体や関係機関には開設を文書で通知しましたが、周知は十分ではありません。支援室長は「誰でも受け入れ、どんな内容でも遠慮なく相談できるような雰囲気づくりに努めたい。支援室の存在が外出するきっかけになれば」といいます。

宇部市社協会長は「意思疎通や情報収集が困難な人への支援は市社協の大きな役割の一つ。できることから始めて実績を積み重ね、市の支援員とも連携して、安心して暮らせるまちにしていきたい」と、支援の充実を目指しています。

20180708宇部市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク