FC2ブログ

記事一覧

井原市社協 高校生が災害ボランティア活動 浸水被害家屋で消毒用石灰散布

岡山県井原市社協
【高校生が災害ボランティア活動 浸水被害家屋で消毒用石灰散布】


井原高校の園芸科有志7人が2018年7月10日、浸水被害に遭った市内3カ所の家屋で消毒用の石灰をまいたり、泥を敷地からかき出したりしました。

井原市社会福祉協議会が派遣している災害ボランティアに応募。水路があふれ、数十センチの高さまで水が上がったという80代女性が住む民家では、1階駐車場の床や壁、水に漬かった玄関マットなどに、丁寧に石灰を振りかけていきました。

井原市社協は、一人暮らしや高齢などで自力での復旧作業が難しい人に対し、災害ボランティアを派遣しています。活動内容は、家財の運び出し、流入した土砂のかき出し、ぬれた畳の搬出など。
山陽新聞 2018年07月10日

20180712井原市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク