FC2ブログ

記事一覧

広島県社協 平成30年7月豪雨 ボランティアバス、高速無料など被災地へ赴くボランティアへの交通支援スタート

広島県社協
【平成30年7月豪雨 ボランティアバス、高速無料など被災地へ赴くボランティアへの交通支援スタート】


平成30年7月豪雨の被災地へと赴くボランティアの方への交通支援が各方面でスタートしています。

広島では、交通の便が悪い・慢性的な渋滞で進まないなどの理由からボランティア活動に 参加する方が不便しないようにと「ボランティア船」「ボランティアバス」への参加を受け付け。

広島県被災者生活サポートボランティアセンター(広島県社会福祉協議会)のフェイスブックによると、ボランティア船(通称:ボラ船)は7月23・24日に運行し、およそ80名が参加。宇品旅客ターミナルから、くれ災ボランティアセンター(天応サテライト)への送迎を行いました。

このほか、坂町・呉市・三原市・竹原市・安芸高田市・江田島市・海田町のいずれか(予定)にてボランティア活動をする方に向け、「ボランティアバス」の平日便/土日便をそれぞれに受付。

7月25日現在では、7月末~8月初旬に活動予定の方の受付が行われています。(そのあとも現地の状況を見ながら実施検討をするとのこと)

ボランティアパス(通称:ボラバス)への参加には仮登録が必要で、15歳以上(中学生は 不可)、広島駅集合、定員ありなどの条件があります。詳しくは広島県社協が 設置しているホームページ(ボラパス土日便/ボラバス平日便)をご確認ください。

このほか、広島県内各地へのボランティア参加は各ボランティアセンターの募集状況をそれぞれの社協サイト又はフェイスブックから確認の上、参加を。
広島ニュース 食べタインジャー 2018年7月25日

20180726広島県
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク