FC2ブログ

記事一覧

足立区社協 身寄りのない高齢者、施設入所の前に立ちはだかる身元保証人の壁 「高齢者あんしん生活支援事業」で身元を保証

東京都足立区社協
【身寄りのない高齢者、施設入所の前に立ちはだかる身元保証人の壁 「高齢者あんしん生活支援事業」で身元を保証】


身寄りのないお年寄りが介護施設に入所したり、病気で入院したりする際に、立ちはだかるのが身元保証人の壁。保証人がいないと利用を断られるケースもあり、切実な問題です。こうしたお年寄りたちを支える身元保証サービスが広がっていますが、中にはサービスを提供する事業者の破綻などのトラブルも。そんな心配を軽減するため、社会福祉協議会など公的な性質を持つ機関が支援する例もでてきました。

東京都足立区の81歳の男性は2年前、区内の高齢者福祉施設に入所しました。妻は3年前に亡くなり、子どもはいません。入所時に作成した契約書の緊急連絡先には、足立区社協「権利擁護センターあだち」の電話番号が記されています。

男性は妻の他界をきっかけに、長年住んだ都営住宅を引き払い、施設入所を考えました。しかし、入所には身元保証人が必要だと分かり、民間の保証サービス会社にも電話しましたが、費用などが分かりにくく、契約は不安でした。

足立区に相談すると、足立区社協が保証人機能を担ったり、入院時にも立ち会ったりしてくれることが分かりました。男性は「安心して暮らせるのは、社協のおかげ。ありがたい」と話します。

足立区社協は2005年4月に高齢者が施設や病院に入る際、身元保証機能を担う「高齢者あんしん生活支援事業」を開始。区民から「施設入所や入院の際に、保証人がいないという理由で断られた」との相談が増えたことがきっかけでした。これまでに契約したのは、自宅で一人暮らしの人ら84人。初年度は3人にとどまりましたが、現在は55人が利用しています。

利用できるのは、一人暮らしの65歳以上。「支援可能な親族がいない」「資産が3000万円以下」などの条件もあります。将来に備え3カ月の入院費や火葬代など計52万円を預託し、年会費2400円を払います。民間では預託金などが計数百万円になることもあり、相当に費用を抑えられます。

社協の担当職員は7人。緊急時に備えて自宅の鍵を預かり、休日や夜間も携帯電話を当番制で持ちます。月に一度利用者に電話、半年に一度訪問し、体調などに変化がないか確認します。成年後見制度の利用や生活保護受給の手続きも支援します。

契約者が入院すれば、日用品を持っていったり、病院から求められれば保証人欄にサインしたりもします。利用者が亡くなった場合には遺言書に従い、遺言執行者の司法書士らと連携して火葬や納骨まで行います。

ただ、区から人件費の補助があるものの、ある男性職員は「職員2人で1人のお年寄りを担当している。支援が必要な人はもっと多いと思うが、赤字運営の上、人が足りなく手いっぱい」と話します。利用者の預貯金の確認や、遺言状の作成などで契約までには最短で4カ月かかり、契約前に亡くなるケースもあります。

同様の支援は、東京都内では調布市の社協も行っているほか、府中市の社協は1997年から市の補助を受けて、身寄りのないお年寄りが民間の賃貸住宅に入居する際に無料で保証人となっています。家賃の滞納があれば、3カ月分の家賃を社協が払う制度で、現在62人が利用しているといいます。
中日新聞 2018年8月1日

20180807足立区
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク