FC2ブログ

記事一覧

安中市社協 子どもワクワク食堂2周年 流しそうめん、BBQでお祝い

群馬県安中市社協
【子どもワクワク食堂2周年 流しそうめん、BBQでお祝い】


安中市内の公民館などで月1回開かれている「子どもワクワク食堂」のオープン2周年を記念したバーベキューと流しそうめんのイベントが、同市のバリアフリーペンションまついだ森の家で開かれ、親子ら50人が楽しみました。

子どもワクワク食堂は2016年、松井田町のNPO法人「Annakaひだまりマルシェ」のカフェ内にできた「ひだまり子ども食堂」を前身に、シングルマザーや子どもの孤立を防ごうと始まりました。

イベントでは、涼しげな流しそうめんやボリュームのあるバーベキューが振る舞われ、参加者は会話を楽しみながら味わっていました。初めて参加した家族は「雰囲気が温かいですね」「幸せな気持ちになります」と話していました。

子どもワクワク食堂の開設に携わったの実行委員長は「昔は当たり前だったPTAや育成会からの支援が成り立たなくなっているとの専門家の話を聞いた。居心地のよい場所を作る取り組みが必要だ。子どもも大人もおしゃべりして力をため、地域づくりの拠点になっていければ」と話していました。

子どもワクワク食堂は、毎月1回、原則第3日曜日に安中公民館か松井田文化会館で開催。毎回、40人ほどの子どもや保護者、高齢者らが利用しています。子どもは無料で、大人は300円。

安中市社会福祉協議会のボランティア団体「子どもワクワク食堂実行委員会」のスタッフ11人を中心に活動しており、市内外の食肉、農園、菓子店などの50人以上の協力者も支援しています。
東京新聞 2018年8月26日

20180826安中市
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク