FC2ブログ

記事一覧

宮崎市住吉地区社協 ちょっとした「困りごと」地域住民で解決 地区ボランティアセンターが仲介

宮崎県宮崎市住吉地区社協
【ちょっとした「困りごと」地域住民で解決 地区ボランティアセンターが仲介】


庭掃除やごみ出しなど、地区の高齢者のちょっとした「困りごと」を地域住民らが手伝う、宮崎市住吉地区の生活支援サービス「住吉ボランティアセンターつなぎ」が好評です。2018年10月で3年目を迎えますが、これまで300件近くを受託。地域に欠かせない存在として浸透しつつあります。

独居世帯など、見守りが必要な住民が増えてきたことを受け、住吉地区社会福祉協議会と住吉地域まちづくり推進委員会が、住民同士で困りごとを解決する仕組みを提案。アンケートで利用者ニーズの把握など準備を進め、2016年10月に活動を開始しました。

依頼を受けると、相談員2人が依頼者宅を訪れ、内容を確認。日程を調整してボランティアスタッフを派遣します。利用料金はスタッフ1人につき1時間200円で、うち100円はスタッフの交通費や活動経費に充てます。支援内容は話し相手をはじめ、庭の草取りや掃除、ごみ出しが中心で、電化製品の修理などは地域の電気店が協力します。

2週間に1度家の掃除を依頼する老夫婦は「こまやかに対応してくれて本当に助かる。話し相手もしてくれるので、来てもらう日が待ち遠しい」と笑顔を見せます。依頼が多く舞い込む一方で、一部のスタッフに負担がかかっているという悩みも。地区住民を中心に約40人がスタッフに登録しているが、定期的に活動できるのは10人ほど。住吉地区社協会長は「誰しも年を取り、助けが欲しい時は来る。手伝ってくれる仲間を増やし、お互いさまの心で支え合っていきたい」と話しています。
宮崎日日新聞 2018年9月18日)

20180922住吉地区
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク