FC2ブログ

記事一覧

綾瀬市社協 倉敷市真備町の支援に、相鉄バスの協力でボランティアバス無償運行

神奈川県綾瀬市社協
【倉敷市真備町の支援に、相鉄バスの協力でボランティアバス無償運行】


社会福祉法人綾瀬市社会福祉協議会が相鉄バス(株)協力のもと、西日本豪雨で大規模な冠水被害が起こった岡山県倉敷市真備町にボランティアバスを運行しました。綾瀬市社協が東日本大震災復興支援として継続して行っている岩手県釜石市以外への運行は初。また、相鉄バスとしても無償でのボランティアバス運行は初の試みとなりました。

倉敷市へのボランティアバス運行のきっかけを作ったのは、相鉄バス(株)綾瀬営業所の所長でした。「被災地へのバスを出せないかという打診を受けた。地域に根付く企業として社会に貢献できないか」と本社に掛け合い、実現しました。

今回が初のボランティア活動となった営業所長。東日本大震災時、「人として自分にも何か支援ができないか」という思いを抱えながらも、仕事や生活に追われ一歩踏み出せなかったことがずっと心に引っかかっていました。「多分そういう人はたくさんいて、自分もそのうちの一人だった。会社としてできることは、本業であるバスの運行。何とか、無償で提供できないかと思った」と話します。

同社の決済が降りたあとは主催である綾瀬市社協が急ピッチで調整と募集を行い、15人のボランティアが参加。これに営業所長と社協職員5人を加えた総勢20人が、2018年8月31日から9月2日の日程で真備町に向かいました。

現地で営業所長が肌で感じたのは、ボランティアの必要性でした。冠水被害から約2カ月。ぱっと見ではわからないくらいに復旧してきていますが、よく見ると家財道具が運び出され1階の窓が開け放たれたままの空き家が多く目についたといいます。

ボランティアセンターを通して、営業所長らのグループは高齢者夫妻の住宅に向かいました。浸水した床をリフォームするため、バール等を使い床板を剥がす仕事でした。「あれは男手がないと無理だと思った。先発のボランティアが2人いましたが、人手が足りず途方に暮れていたんですよ」と現場の状況を話します。
タウンニュース 2018年9月21日

20180925綾瀬市
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク