FC2ブログ

記事一覧

志賀町社協 高齢者470人が入学式 「志賀町羽衣大学」で教養磨く

石川県志賀町社協
【高齢者470人が入学式 「志賀町羽衣大学」で教養磨く】


高齢者が教養を磨く「志賀町羽衣大学」(町、町社会福祉協議会、町老人クラブ連合会主催)の入学式が2018年10月11日、町富来活性化センターであり、470人が今年の講義をスタートさせました。

学長の町老人クラブ連合会長が「ここで培った知識や教養を地域の中で生かし、やりがいや生きがいを持ってますますご活躍いただきたい」とあいさつ。生徒を代表して同理事が「健康管理に努めて6回とも出席し、今後のクラブ活動やまちづくりに役立てたい」と述べました。

この日は、日本体育大前学長で真宗大谷派正久寺住職が講演。2020年東京五輪・パラリンピックの意義などを語りました。大学では12月までに計6回の講座があり、医療について学んだり民謡を聞いたりします。
中日新聞 2018年10月13日

参考)志賀町社協ホームページ

20181013志賀町
石川県志賀町社協
【教養磨いた274人 羽衣大学を卒業】


志賀町の高齢者が教養を磨く「羽衣大学」(町、町社会福祉協議会、町老人クラブ連合会主催)の卒業式が2018年12月18日、町富来活性化センターであり、受講生476人のうち274人が“卒業”しました。

学長の南進・老人クラブ連合会長が、各地区の代表者に卒業証書を渡し、「これまでの人生と羽衣大学で培ったネットワークや知識、経験を生かし、生涯現役をモットーに健康でより良い生活を送ってください」とあいさつしました。

大学は10月に開講。計6回あった講座のうち、5回以上出席した人が卒業証書を受け取りました。この日は、落語家の桂三扇さんを招いた最後の講座もありました。
中日新聞 2018年12月22日

20181223志賀町
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク