FC2ブログ

記事一覧

仙台市太白区八木山地区社協 連合町内会などと実行委員会を組織し、ハーブで世代間交流 栽培簡単、広い用途 人の輪が災害時の助け合いに

仙台市太白区八木山地区社協
【連合町内会などと実行委員会を組織し、ハーブで世代間交流 栽培簡単、広い用途 人の輪が災害時の助け合いに】


高齢者が多い仙台市太白区の八木山地区で、ハーブを活用した世代間交流の取り組みが進んでいます。栽培にあまり手間のかからないハーブをお年寄りに育ててもらい、料理や茶などの材料として多世代が参加するイベントで使用します。主催者は「世代間の交流の輪を広げ、高齢者が安心して過ごせる街づくりにつなげたい」と狙いを語ります。

八木山地区社協や連合町内会など八木山ハーブまちづくり実行委員会は2018年8月、八木山市民センターで料理講座を開きました。参加した40~80代の市民約60人が豚肉のハーブ焼きなどを作り、試食しました。太白区の73歳の主婦は「交流しながら人脈も広がる。次回は今回参加できなかった住民にも声を掛け、つながりを広げたい」と話しました。

ハーブは一般的に野菜より簡単に栽培でき、自宅にこもりがちな高齢者も気軽にスタートできます。八木山地区では、4月から町内会や高齢者福祉施設でハーブを育ててきました。今月には空き地を活用して住民が栽培し始めました。

手間いらずの一方で、ハーブは紙すきの原料にもなるなど用途は幅広くあります。実行委は、イベントで活用すれば40、50代や若い世代の関心を呼べるのではないかと考えました。

八木山地区の高齢化率は2017年5月現在、市平均を8.2ポイント上回る32.3%。75歳以上の後期高齢者が住民の約2割を占め、独居世帯も少なくありません。大規模開発から50年以上が経過し、空き家が防犯や衛生面で課題となっています。

実行委の事務局長は「災害時などに頼りになるのは、人とのつながり。住民同士が日常的に声を掛け合い、助け合える環境をつくりたい」と語りました。
河北新報 2018年10月13日

20181014八木山地区
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク