FC2ブログ

記事一覧

石狩市社協 合鍵預かり高齢者の安否確認 民生委員や関係機関と連携し、異変時に素早く対応

北海道石狩市社協
【合鍵預かり高齢者の安否確認 民生委員や関係機関と連携し、異変時に素早く対応】


石狩市社会福祉協議会は、1人暮らしの高齢者らの鍵を事前に預かっておき、異変を感じた時に家屋に入って安否を確認する「愛の合鍵預かり事業」に取り組んでいます。家族が近くにいない高齢者や障害者らが対象で、安心して生活してもらうため、異変にいち早く対応できる態勢を整えました。

利用は無料で、石狩市社協に申し込みます。合鍵は市社協と協定を結んだ病院などの協力機関が保管。一方で社協と連携する地域の民生委員や町内会関係者が、申込者の見守りを適宜行います。見守りで、郵便受けに新聞や郵便物がたまっていたり、ごみ収集日にごみが出ていなかったりなどの異変を見つけ、申込者と連絡がつかない場合、民生委員らは、協力機関に出向いて合鍵を受け取り、家屋内に入って安否を確認します。

この取り組みは2018年3月末からスタート。鍵の保管には熊谷病院(花川南)、サービス付き高齢者向け住宅「アルファパレス」(花川東)、石狩病院(花川北)の3機関が協力しており、現在、花川地区の2人が合鍵の預かりを申し込んでいます。石狩市社協によると、同様の取り組みは苫小牧や登別などの社協でも実施しています。石狩市社協地域福祉課の係長は「住み慣れた地域で長く暮らすための手段として、合鍵預かりを活用してもらいたい」と呼び掛けます。合鍵預かりは協力機関が近くにある地区でないと事実上、行えないため、石狩市社協はさらに協力機関を増やしていく方針です。利用の申し込みや問い合わせは、石狩市社協へ。
北海道新聞 2018年10月26日

20181031石狩市
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク