FC2ブログ

記事一覧

堺市社協 子ども食堂寄付、気軽に フードドライブ実施中

堺市社協
【子ども食堂寄付、気軽に フードドライブ実施中】


堺市社は堺市社会福祉協議会と共に、一般家庭などに子ども食堂用の食材を寄付してもらう「フードドライブ」を11月上旬まで行っています。5月に試行したところ、多くの食材が寄せられたため、今後も定期的に行うといいます。大阪府内では、自治体が主体となって市役所などを拠点に行う例は珍しいといい、市は「子ども食堂の息の長い運営の一助となれば」としています。

堺市によると、市内では現在、主にボランティアによる39団体が子ども食堂を運営し、月に数回食事を準備しています。食材は、食品会社などから余った食品を譲り受けている「ふーどばんくOSAKA」(堺市東区)や、賛同者の寄付でまかないます。ですが、運営団体の持ち出しとなる場合も多いといいます。

堺市は2018年5月、堺市社協と初めて「フードドライブ」を実施。市役所で5日間受け付けたところ、市民のほか、徳島や京都、愛知などの延べ162人から米282キロ、食用油5キロ、しょうゆ8380ミリ・リットル、砂糖34キロ、塩3キロなどが寄せられました。米120キロを届けた人もおり、13団体が活用しました。

今回は市役所(11月5~7日)のほか、堺区の市総合福祉会館(10月27日まで)とスポーツ施設「J‐GREEN堺」(11月3日)で、米やインスタント食品、缶詰など、常温保存可能な賞味期限1か月以上の未開封の食品を受け付けます。福祉会館では既に米や調味料、菓子、ラーメンなど300品以上が集まっています。市役所と市総合福祉会館では、啓発のためのパネルを掲示し、食堂開設の相談も受けます。

5月に米約30キロやカレールーを受け取った「くすのき子ども食堂実行委」(堺区)の代表は「取り組みを知って、食材を直接届けてくれたこともあった。食堂への理解も深まれば」と期待します。堺市子ども企画課の担当者は「地域で子どもの成長を支えるため、身近に子ども食堂があることが望ましい。長く運営してもらうため、支援を続けたい」と話しています。

堺市は2016年度に、子ども食堂の支援に本腰を入れ始めました。モデル事業を実施して、運営に必要な経費の規模や、子どもたちが求めているものなどを調査。得られた情報を基に、新設を考えている人に先行事例や必要な準備、相談窓口などを紹介する「市子ども食堂ガイドライン」を作成しました。また、2017年度からは食堂開設時に上限20万円を補助しているほか、堺市社協を事務局に、運営団体と「さかい子ども食堂ネットワーク」を発足。スタッフの研修や、団体間の交流を進めています。
(https://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20181025-OYTNT50246.html)

20181102堺市
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク