FC2ブログ

記事一覧

大阪市 『わかもの×地域 ―10~20代が地域に触れる・活動に参画するためのコーディネート―』(2018年3月)

大阪市社協
【『わかもの×地域 ―10~20代が地域に触れる・活動に参画するためのコーディネート―』(2018年3月)】


「わかもの×地域-10~20代が地域に触れる・活動に参画するためのコーディネート-」。本ガイドブックは、学生をはじめとする若い世代が、地域のつながりや、ボランティア活動などに一歩踏み出すことを受け止め、応援するためのコーディネート(調整)のポイントと具体的な事例を紹介するものです。

地域活動を担う団体やグループからは、担い手の固定化・減少が代表的な課題として聞かれ、活動参加への呼びかけや情報発信など、さまざまな試行錯誤がなされています。10~20代という時期は、義務教育から進学、そして社会人へ…と、生活スタイルや居住する地域が流動的で、縁あって地域活動やボランティア活動に関わっても、期間限定や単発になりやすいことが想定されます。

新たな担い手づくりという面では、決してすぐに芽が出るものばかりではありませんが、学校や仕事の枠を超えて社会的活動に触れる経験をすることは、その人のかけがえない財産となり、キャリアデザイン、ライフデザインの観点からも将来につながることが期待されます。その中で、人とのつながりや地域への愛着、自己実現・やりがいを得たり、活動先にとっては、新しい風や活気をもたらす存在になる可能性もあります。

本ガイドブックは、「若い感性を地域に吹かせることができれば」「もしかしたらこの地域にずっといないかもしれないけど、何かを感じ取って、さまざまな領域、他の地域での活躍へとつながれば」─そんな思いをもって、未来に向かっての先行投資として、「10~20代」の学生・若者に焦点を当てて取りまとめたものです。

本ガイドブックは、大阪市社協ホームページより全文ダウンロードいただけます。

〈目次〉
1. 「10 ~ 20 代」に焦点を当てて
2. それぞれの特色
3. 活動の入口 事例集
4. 「わかもの×地域」そのコーディネートのコツ
5. 資料集

20181105大阪市
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク