FC2ブログ

記事一覧

糸満市社協 平均80歳の女子会で健康増進 行政に頼らず自主運営 社協健康運動指導士が体操やゲームを指導

沖縄県糸満市社協
【平均80歳の女子会で健康増進 行政に頼らず自主運営 社協健康運動指導士が体操やゲームを指導】


みんなと一緒に踊りたいー。公民館に足を運ぶ機会が少なかった地域の女性の願いをかなえようと、2008年5月に発足した糸満市武富の「わかば会」。60代から91歳までの平均年齢約80歳の女性19人が、毎週火曜にオリジナルの踊りやパークゴルフで体を動かし、健康増進に役立てています。行政に頼らず、年会費2千円で運営。メンバーは「報告書を書かなくていいし、面倒くさいことがない。気兼ねなく話せる仲間とのゆんたくが楽しい」と、週に1度の女子会が元気の源になっています。

「わかば会」は、市内在住の女性が、デイサービスで踊っていた現在の会の世話役の女性に「私も踊りたい」と声を掛けたのが始まりです。25歳から婦人会で踊っていた世話役。誰でも簡単に踊れるよう振り付けを考えました。武富公民館で約10人からスタート。本人の体調や親の介護などで入れ替わりはありますが、現在は19人が参加します。世話役がアレンジした振り付けで、民謡や歌謡曲などに合わせて踊り、体をほぐします。いすに座ったままでも踊ることができ、脳トレーニングを兼ねたゲームにも挑戦します。

月に1度、糸満市社会福祉協議会の健康運動指導士が体操やゲームを指導。習った体操を世話役がアレンジします。月1回はパークゴルフも楽しみます。毎年8月は公民館が暑く、孫の面倒を見るメンバーも多いので夏休みです。状況に応じて無理なく活動しています。

体を動かした後は、お楽しみの「もぐもぐタイム」。メンバーが持ち寄った果物や菓子を食べながらゆんたくで盛り上がります。最高齢の91歳の女性は「毎週、楽しみにしている。みんなでおしゃべりするのが一番楽しい。わかば会は元気の秘訣(ひけつ)」と明るく話します。

世話役は「上手になるための踊りではなく運動の一環。体を動かし、おしゃべりしてストレス発散できればいい」と語ります。武富公民館には、元気な女性たちの笑い声があふれています。
琉球新報 2018年11月9日

20181118糸満市
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

yotadar!!

Author:yotadar!!
なかなか一言で表せない社会福祉協議会(社協)。地域福祉活動の推進、生活困窮者支援、成年後見・日常生活自立支援事業、介護保険・障害サービス事業、ボランティア・市民活動の支援、福祉教育・ボランティア学習、共同募金・・・、さまざまな事業・活動を展開しています。少しずつ、その活動を探検してみましょう。

最新コメント

リンク